2006年11月05日

涼宮ハルヒの退屈

俺は何者なんだ。


久しぶりのハルヒです。早いところ世間の流れに追いつかなきゃと言う感じですが、もうすぐゼロの使い魔が追いつきそうなので、それが一段落したら一気にペース上げるかも知れません。

3巻は短編集と言う事で、野球やったり中一当時のハルヒに会いに行ったり、長門がちょっとだけ柔らかくなったり、孤島で殺人事件に巻き込まれたり、あいも変わらず気持ちよいぐでんぐでん加減が味わえる構成となっています。
最近思うんですが、この作品は演出で意図的に悪文スレスレの文章で書かれているので、長編よりも短編のほうが小気味良く読み進められる気がします。

3巻は表紙が長門だけあって、本編も長門が結構重要なポジションに配置されていますね。
そのぶんみくるたんや古泉は添え物程度の扱いとなっていますが、聞くところでは最近長門がメインヒロインの座に迫りつつあるらしいので、作者の長門贔屓が始まった巻という位置付けになるかも知れません。
ちなみに僕の贔屓は鶴屋さんとキョンの妹ですが(笑)。

それはさておき、本来の意味においても、また笠井潔氏の言う所のセカイ系という意味においてもセカイ系ラノベの王道を突っ走る本作、もしかして谷川氏は笠井氏の説く「セカイ観」を踏まえた上で、とことん悪ノリして書いたのがこのシリーズなんじゃないかと思えます。と言うのも、このハルヒという作品はセカイ系という言葉の指すネガ・ポジ両面の意味合いを盛り込んで、壮大なジョークとして仕上げているという印象が強いからなんですが。他のセカイ系ライトノベルはどちらかと言うと印象としてのネガティブ要素の方が強い作品が大半ですし。むう。

余談ですがハルヒの「アヒルの口」がいかなるものか見てみたいですね。


涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの退屈



posted by 黒猫 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(2) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(書評)涼宮ハルヒの退屈
Excerpt: 著者:谷川流 涼宮ハルヒシリーズの第3作目。今作は完全な短編集。 そうだなぁ…、
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-11-06 06:38

涼宮ハルヒの退屈
Excerpt: 涼宮ハルヒの退屈 発売:2004.1発行:角川書店谷川 流〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.26長門かわいいよ長門。 4話構成の短編集。1巻はまだしも2巻の中盤が激..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2006-11-06 11:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。