2006年07月28日

ルソン沖の決戦/ハリー・ホームウッド (絶版)

ルソン沖の決戦


WWUの太平洋戦域を舞台に、新造潜水艦マコとそのクルー達の生と死を描く架空戦記もの。
国産のこの手の戦記は国力や技術力完全無視で日本が圧勝する様な無理のある作品ばかりで辟易としていますが、海外の作品はどのようなものなのでしょうか。

物語は開戦劈頭、まだアメリカが日本に押されていた当時から始まります。
当時アメリカでは潜水艦の運用が確立されておらず(少なくとも作中では・・・ですが)、主任務はあくまで哨戒でした。

そんな中バリックパパン方面で哨戒任務に付いていた潜水艦マコは浅深度からの積極的な雷撃で日本軍艦艇に打撃を与えることに成功、軍の方針には反しているものの、戦果は戦果ということで一躍宣伝のネタにされます。
マコの次なる任務はトラック環礁に潜入し、停泊中の艦艇に対して攻撃を行うというもの。
無事潜入し、艦艇の攻撃に成功したマコですが、その前に立ちはだかる吹雪級駆逐艦。その艦には日本海軍の水雷戦隊司令官日出木大佐が乗艦しており、巧みな対潜攻撃によってマコに大打撃を与えます。何とか一命を取り留めたマコは本土に回航されて修理を受けますが、米海軍はドイツのUボートが使用して大きな戦果を挙げている狼の群れ(ウルフ・パック)戦法の実験ため3たびマコに指令を下します。内容は僚艦イール・フィッシュと共にルソン沖にて日本の商船を攻撃し、日本のシーレーンを圧迫せよと言うものでした。
勇躍出航するマコ、しかしルソン沖にはトラック環礁にてマコを追い詰めた日出木大佐率いる駆逐歓待が待ち受けていた・・・

昔から水上艦vs潜水艦の話は沢山あります。古典だと眼下の敵などがあり、一昔前流行った沈黙の艦隊等もその系譜に当ると思います。
こうした物語の見所は共に相手を視認出来ない状況で、僅かな音や浮遊物などを頼りに相手の腹を探り合う心理戦にあると言って良いでしょう。
本書に関してですが、残念ながらこうした心理戦のアヤが描ききれていない印象を受けました。
浮上して砲撃で駆逐艦を沈めたりと言った強引な展開が鼻につきます。潜水艦は外殻に傷がつくだけでも水圧に対して弱くなると言いますが、もしそれが事実なら浮上して水上艦と砲を撃ちあうなど論外です。

ただ敵の日本軍の描写は勘違い要素も多々あれど、基本的に好敵手として描かれており、よくある人種偏見的なニュアンスが殆ど無いのは評価できます。むしろ前半では日本軍のほうが兵器が優れているなとど言ういくら何でもそれは無いだろうという旨の発言まで飛び出しています。
また、次々と登場人物があっさり戦死してゆく展開も戦争と言うものの一面を描写しているように感じました。
細かい考証に目をつぶればそれなりに楽しめる作品でしたが、海戦→陸上(休暇)というパターンの繰り返しは飽きてきます。500Pもある作品ですが、蛇足気味な休暇のシーンをばっさり削ってやればもっと緊迫感がある展開で、300P未満に収められた気がします。



30冊目




posted by 黒猫 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。