2008年11月05日

マスードの戦い 長倉洋海 感想

マスードの戦い (河出文庫)
長倉 洋海
4309406475



ソ連によるアフガン侵攻が行われた80年代を舞台としたキャット・シット・ワン'80を読んで、シャー・マスードなる人物に興味を覚えたので読んでみました。

著者が取材を行った時期は1983年という事で、ソ連軍との戦闘がアフガン全土へと拡大し始めた時期でもあり、またマスード率いるゲリラ達が5度に渡るパンジシールへの強襲作戦を潜り抜けた直後の時期でもあります。

著者が取材したゲリラ達は、たとえ戦闘や地雷で片足を失っても、たとえ武器が第二次世界大戦当時の粗末なライフル(英国製のSMLE No.4か?SMLEシリーズは閉鎖機構が粗末で命中精度はあまり良くないが、当時のライフルには珍しく10発弾が入る事と、バレルが肉厚で耐久性に優れているのが利点)しか無くても、ソ連軍をアフガンから追い出す不退転の決意が感じ取れます。
そこには宗教的な背景こそあれど、それ以上に祖国を蹂躙し家族を殺害した者達への深い怒りと憎しみがあるのでしょうけれど。

そうであるだけに彼らを率いるのはかなり困難だと思われるのですが、きちんとした組織形態を構築し、統制の取れた行動でもってソ連軍に大打撃を与え続けてきたマスードなる人物には嫌が応にも興味が湧いて来ます。
この取材当時のマスードは若干29歳。
それでいてゲリラ部隊の総指揮官として敵に恐れられる存在となっていたのですが、ただ文中でも触れられているようにアフガン人の平均寿命は日本人に比べてかなり短く、29歳と言う年齢は日本人で言うと30代後半に相当すると思われますから、あながち若いとも言えないかもしれません。
ともあれ、マスードと言う人物は気さくで好奇心が強く、驚くほどに負の側面がありません。
それはもう出来すぎだと言う位に。
しかし、国家レベルのプロパガンダ用に創り上げた偶像としての英雄ではなく、あくまで一地方のゲリラ司令官に過ぎなかった彼の身分を考慮すれば決してプロパガンダなどとは思えず、実際に人格者であったのだろうと思われます。

もちろん戦いとなると苛烈さを示すものの、降伏したソ連兵を無用に殺害するのを良しとせず、イスラムに改宗することを誓えばゲリラの仲間にでもしてしまう所にまた彼の人間性を感じます。
当のソ連兵にしたら、敵に降伏し捕虜となった兵士が運良く帰国出来たとしても、収容所などでの再教育や場合によっては銃殺等の過酷な運命が待ち受けているのを知っているだけに、命まで取らないどころか条件次第では仲間として扱ってくれるマスード側に協力した方が得策だという打算はあったのでしょうが、それでも仲間は仲間として扱えるところが一軍の将たる器であり、彼のカリスマの源なのかもしれません。

この取材の後更に6年間もソ連との戦いは続き、その後はアフガニスタン内戦を経て一旦は平和が見えたかと思ったら今度はタリバンが台頭、マスード氏は反タリバンの北部同盟軍司令となりますが、あの9.11の1ヶ月前に自爆テロによって帰らぬ人となってしまいました。
その後はテロに対する報復としてアメリカによるアフガン侵攻が行われ、現在に至ります。


かつて故郷のパンジシール渓谷で著者に語った、イスラムの教えに基づいた平和な国を作ると言うマスード氏の夢は、今もまだあくまで夢物語でしかありませんが、いつの日かその夢が現実になる日が来る事を願わずにはいられません。


posted by 黒猫 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

フォッケウルフ戦闘機―ドイツ空軍の最強ファイター 鈴木五郎

フォッケウルフ戦闘機―ドイツ空軍の最強ファイター (光人社NF文庫 (すN-487))
鈴木 五郎
4769824874



ルフトヴァッフェが誇る傑作戦闘機Fw190シリーズを中心に据えて、同機の誕生から最終発展型Ta152までの変遷と最大のライバルBf109シリーズや好敵手のスピットファイアとの性能比較を、多数の資料を元にまとめた1冊。
個人的にもFw190シリーズは好きな飛行機なのでなかなか興味深く読めました。
原型機であるFw190V1の愛嬌のある姿とか、190シリーズの奥の深さを見せてくれます。

ドイツと言うとメッサーシュミットがあまりに有名で、多分ミリタリーにあまり関心の無い人でも名前位は聞いた事があると言うレベルですが、反面Fw190は知名度が今ひとつです。
しかし、加速力、上昇力、旋回性と言った空戦性能はメッサー109シリーズよりも優れていますし、何よりもコンパクトにまとめたせいで発展性に欠ける109に比べ、余裕のある設計で将来の発展性に富み、さらに爆弾を積んで対地攻撃や魚雷を積んで対艦攻撃にも使用できる多用途性も併せ持つ非常に優秀な戦闘機でした。
なのに主力になり得なかったのは、偏にナチ党党員だったメッサーシュミットが優遇されていただけと言う喜劇。
個人的にはフォッケウルフ社とハインケル社の機体をメインで生産していたら面白い事になっていたと思うのですが…ただしHe177は無かった事にして(笑)。


基本的には良く纏まった一冊ですが、気になる点も色々とあります。
例えばドイツ空軍内で連合軍爆撃機に対する体当たり攻撃「シュツルム・フリーガー」の案が出されて、即却下されたくだりに関してですが、これを筆者は


「日本の特攻攻撃と違って突入前の脱出を前提にしていた」
      ↓
「日本では空対空の特攻を組織だって行っていない」
      ↓
「結局ガーランドの反対でお蔵入りとなった」
      ↓
「脱出前提と兵士を大切にするドイツ軍は紳士の軍隊」
      ↓
「さらに特攻などばかげた事を取りやめるドイツ軍は欧州的優しさに溢れた軍隊」
      ↓
「日本猿には思いつく事すら出来ない対空特攻を考えるドイツ人は賢い」
      ↓ 
「だからドイツ軍はすごい」
      ↓
     (結論)
      ↓  
「俺様黄色アーリア人カッコイイ」


と言う満ち溢れるドイッ厨ラント精神で書き散らしているがとことん厄い。
まず、日本には組織だって対空特攻を行う考えが無かったというのが大嘘です。
ちょっとでもミリタリーに関心があれば「震天制空隊」の存在を知らないとは思えず、著者は大好きなドイ厨第三帝国をマンセーするために史実を歪曲したとしか思えません。
もし本気で知らなかっただけとするなら戦史研究家としての資質を疑います。

また、脱出前提云々に関しても、機体もろとも突入というのは神風特攻隊や振武特攻隊の話であり、対空特攻については脱出前提でした。この点でも史実を歪曲捏造しており、本当にこの著者は日本人なのかと疑わしく思えます。

更にドイツ人は特攻なる野蛮な事は否定したと言う点についてですが、「エルベ特別攻撃隊」の存在を隠蔽しています。
しかもエルベ特別攻撃隊は、今年の6月頃に当時の指揮官により日本の特攻隊に触発されたという証言が出ており、この点でも超失格。

戦闘機のデータ比較などは比較的公正なのに、趣味趣向で史実を歪曲し捏造し隠蔽する姿勢はとてもじゃないが評価できないですね。


ついでに言うと第二次世界大戦最優秀戦闘機はP-51という定説に対しても、「各種データはTa152が優れているからTa152こそ真の最優秀機。P-51はバランスが良いといういう意味での最優秀に過ぎない」との見解を出していますが…。
この著者は兵器とレーシングカーの区別がつけられない人なんでしょうか。
戦争の道具に求められるものは瞬間最大風速的な性能ではなく、汎用性多用途性生産性です。
P-51の凄いのはアリソンエンジン時代は凡庸なヘタレ機だったのに、マリーンを積んだ途端大化けした発展性であり、そして何より長距離飛んで対地攻撃から空中戦までこなす万能性。
それは初期のFw190が持っていたものと同じと言えます。
著者はドイ厨マンセーしたいが余りに、その点すら忘れ去ってしまっているのが厄い。


もっとも、この手の研究家には紫電改無敵神話を唱える御仁もいますし、1冊読んで真に受けるのは危険という教訓だと思うしかないですね…。
posted by 黒猫 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

バトル・オブ・ブリテン イギリスを守った空の決戦 リチャード・ハウ デニス・リチャーズ 感想

バトル・オブ・ブリテン―イギリスを守った空の決戦 (新潮文庫)バトル・オブ・ブリテン―イギリスを守った空の決戦 (新潮文庫)
Richard Houghs Denis Richards 河合 裕

新潮社 1994-04
売り上げランキング : 595489
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現時点で手軽に入手できるBOB関連の書籍の中ではおそらく最高峰のものだと思います。

続きを読むの?
posted by 黒猫 at 23:07| 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧空戦史 中山雅洋 感想

北欧空戦史 (学研M文庫 な 15-1)
中山 雅洋
4059012084



北欧空戦史と銘打たれているだけに、本書では第二次世界大戦当時のスカンジナビア半島3国と、それを巡るナチスドイツとソ連のパワーゲームが主題。

続きを読むの?
posted by 黒猫 at 22:54| 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

女王陛下のユリシーズ号 アリステア・マクリーン

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))
アリステア・マクリーン

早川書房 1972-01
売り上げランキング : 173147
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

影の艦隊〈1〉独立国家誕生 山田正紀

影の艦隊〈1〉独立国家誕生 (トクマ・ノベルズ)
山田 正紀
419155008X



日本が分断国家となっていれば・・・と言うテーマで描かれたもう一つの戦後史。


続きを読むの?
posted by 黒猫 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

Uボート、出撃せよ! アレクサンドル・コルガノフ

Uボート、出撃せよ (ハヤカワ文庫 NF 98)Uボート、出撃せよ (ハヤカワ文庫 NF 98)
アレクサンドル・コルガノフ 内藤 一郎

早川書房 1984-01
売り上げランキング : 295585
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

大空の戦士たち 渡辺洋二

oozora.JPG
大空の戦士たち大空の戦士たち
渡辺 洋二

朝日ソノラマ 1991-12
売り上げランキング : 688472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続きを読むの?
posted by 黒猫 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

急降下爆撃 ハンス・ウルリッヒ ルデル

急降下爆撃 (学研M文庫)急降下爆撃 (学研M文庫)
ハンス・ウルリッヒ ルデル Hans Ulrich Rudel 高木 真太郎

学習研究社 2002-12
売り上げランキング : 60469
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

2007年11月24日

砂漠の機密空域 デイル・ブラウン

sabakuno.jpg
砂漠の機密空域 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)砂漠の機密空域 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
デイル ブラウン Dale Brown 上野 元美

二見書房 2003-05
売り上げランキング : 470029
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続きを読むの?
posted by 黒猫 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

サハリン争奪戦(上下) 大石英司

サハリン争奪戦 上 (1)サハリン争奪戦 上 (1)
大石 英司

中央公論新社 2007-05
売り上げランキング : 24332
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サハリン争奪戦 下 (3)サハリン争奪戦 下 (3)
大石 英司

by G-Tools
→bk1で探す




続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

クルスク大戦車戦 下 デイヴィッド・L.ロビンズ

ディミトリィは目を閉じた。座席の中で身を乗り出し、いっしょに全体重をティーガーに押しつける。持っているもの全てを一つ残らず。


クルスク大戦車戦〈下〉クルスク大戦車戦〈下〉
デイヴィッド・L. ロビンズ David L. Robbins 村上 和久

新潮社 2005-12
売り上げランキング : 218043
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クルスク大戦車戦〈上〉
クルスク大戦車戦〈上〉



続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

八月の砲声(上下) バーバラ・W・タックマン

八月の砲声 上八月の砲声 上
バーバラ・W・タックマン 山室 まりや

筑摩書房 2004-07-08
売り上げランキング : 58366
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


八月の砲声 下八月の砲声 下
バーバラ・W・タックマン 山室 まりや

筑摩書房 2004-07-08
売り上げランキング : 58289
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

クルスク大戦車戦 上 デイヴィッド・L.ロビンズ

「たいした猛獣じゃないかね、こいつらは」


クルスク大戦車戦〈上〉クルスク大戦車戦〈上〉
デイヴィッド・L. ロビンズ David L. Robbins 村上 和久

新潮社 2005-12
売り上げランキング : 161324
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続きを読むの?
posted by 黒猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

八月の砲声 ノモンハンと辻政信 津本陽

きわめて扱いにくい精神主義者であった。




八月の砲声―ノモンハンと辻政信八月の砲声―ノモンハンと辻政信
津本 陽

講談社 2005-08
売り上げランキング : 241415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 00:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

幻影のエアフォース デイル・ブラウン

《あたしをさらったの。コンピューターがあたしをさらったの。それがあたしをパパの思い出から消して、パパをだめにしたの。最初からそのつもりだったみたい――パパを殺す事であたしを殺すって》

幻影のエアフォース幻影のエアフォース
デイル ブラウン Dale Brown 上野 元美

二見書房 2005-01
売り上げランキング : 57774
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続きを読むの?
posted by 黒猫 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

瑠璃の翼 山之口洋

空中勤務者


瑠璃の翼瑠璃の翼
山之口 洋

文藝春秋 2006-12
売り上げランキング : 296940

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続きを読むの?
タグ:書評
posted by 黒猫 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

暁の出撃/ポール・ブリックヒル




はじめに。
トム・クランシーの同名作品とは何の関係もありません。

第二次世界大戦中、特殊爆弾を装備し、驚異的な爆撃精度をもってドイツ軍を震撼させた英国空軍第617飛行隊の活躍を描くノンフィクション戦記です。
序盤は後に617飛行隊によって運用され、大きな戦果を挙げた10トン爆弾「グランド・スラム」開発への道が設計技師の視点によって語られます。
1930年代末、当時一般的な爆弾は250キロ爆弾であり、大型のものでも500キロ爆弾まででした。これらの爆弾は戦術爆撃には必要充分な威力を持っていたものの、戦略目標――特に強固なべトン等で防御された軍事施設に対しては殆ど無力でした。
しかも軍上層部は戦略爆撃用の大型爆弾の必要性については無関心であり、かれらを納得させるべく奮闘する技師の姿がプロジェクトXばりに描かれています。

試行錯誤の末10トン爆弾への第一段階として開発された5トン爆弾。この爆弾をもってして敢行されたルール地方のダム破壊作戦は予想以上の成功を収め、以後爆撃を成功させた617飛行隊と5トン爆弾の組み合わせはドイツ各地の戦略目標に対する爆撃を行い、少なくない犠牲を払いながらも戦果を挙げ続けていきます。
そして念願の10トン爆弾の完成、フィヨルドの女王と恐れられた戦艦ティルピッツへの強襲爆撃、ドイツの降伏。

日本では当時のドイツに対する過大評価があるため、連合軍は単に数に物を言わせてドイツ軍を押し潰したというイメージを持っている人が多い様ですが、実際には数々の新兵器や際どい戦術を駆使し、戦場単位でも互角の勝負を行っていた事がわかります。
それにしても英軍がこうした大型爆弾で主要軍事施設をほぼ壊滅状態に追い込んでいなければ、もし10トン爆弾開発計画が最初の段階で頓挫していれば、(こうした大型爆弾を実用化していたのは英軍のみですから)世界で最初に原子爆弾が投下されていたのはベルリンだったかも知れないと感じました。

なお617飛行隊は欧州戦終結後は対日戦への転戦が決定しており、米軍の九州上陸にあわせて日本の交通網を遮断する任務を任されていたものの、原爆の投下と日本の降伏により終戦を迎えたためわが国でグランド・スラムが炸裂する事はありませんでした。


タグ:書評
posted by 黒猫 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。