2008年05月19日

かのこん 第7話

かのこん 第2巻【初回限定版】かのこん 第2巻【初回限定版】
能登麻美子 川澄綾子 大槻敦史

メディアファクトリー 2008-07-25
売り上げランキング : 267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



凍ってないのにカチンコチン。



前回の予告に登場していた忍者っぽい女の子は、ちずるの実家からやってきた雪花という妖怪でした。
彼女は人間と妖怪が結ばれても幸せになどなれないと、二人の仲を割こうとしますが――。


今回は妖怪バトル回という事で、エロは控えめなのかなと思っていたら、いつもどうりにエロエロでしたw
あのB地区は駄目でしょうあれは。
でもって、一体耕太の何処を触っているのですか何処を。

と、エロ方面は高値安定なんですが、雪女であるところの雪花によって寒冷化された学校内では生徒達のサバイバルが繰り広げられます。
流石に七尾姉妹はこういうサバイバル能力は大したものですね。
服の下に新聞紙を入れる基本技からダンボールハウス、そして河原で採った野草と料理屋の裏のゴミバケツから拝借した残り物の肉を使った鍋に至るまで、逞し過ぎますww


・・・つうか最近はホームレス系ヒロインも一つの属性なん?
エロゲの神様が登場する某漫画の作者が以前書いていた作品にも、ゴミ子と言う仇名のヒロインが登場していましたし、撲殺ラノベにも橋の下生活のヒロインがいましたし。
90年代辺りなら、ゴミ漁りやダンボールハウスなんてハハハそんな馬鹿なハハハという感じでしたけど、ここ最近は決して笑い事でもない雰囲気が時代に漂っているから怖いw
このままだと日本もインドみたいになっちゃったりして。ネオリベテラコワス。

何だか今回はちずるや望のエロよりも、その他の面々の方が目立っていたと言うか、何を置いても七尾姉妹の境遇がインパクト強すぎてエロが霞みました。
何と言うか、ただ生きるのに必死な人がいるすぐ傍で能天気に発情している者もいる・・・これが格差社会と言う奴か(笑)。


次週はちずるの里帰り編。
ちずるの実家と思われる豪邸が出ていましたので、どうやら彼女は妖怪界のセレブー様なのかな?
タグ:かのこん
posted by 黒猫 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97281897
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) かのこん 第7話 「あたためてあげちゃう?」
Excerpt: かのこん 第1巻【初回限定版】 初雪のちらつく通学路、今日も元気に耕太とちずるはラブラブ真っ最中。そこに突然の猛吹雪が! ブリザードの中から現れたのは網タイツ姿の忍者だった。ちずるの母からの使者..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-05-21 08:09

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。