2008年05月18日

ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜  第7話

「片羽と踊れ」




いきなり大物に挑もうという、無謀な話。


片羽とはドラゴンの仇名。
こいつを倒さないと先には進めないという事で、軍は陣を組んで挑むも無残に敗退。
そんな様子を見たジルは・・・。


いきなりドラゴンと戦うとはこれまた大きく出たものです。
なにせドルアーガの塔ではドラゴン(クオックス)が登場するフロアではBGM自体変わりますし、画面外から圧倒的なリーチで飛んでくる炎の息にはただただ度肝を抜かれるのみ。

余談ですが自分の中でドラゴンというと、ドラクエTの海底洞窟でローラ姫が囚われている地下牢の番をしているドラゴンが一番印象に残っています。
大抵あの洞窟に初めて潜る時ってレベル10ちょっと程度で、がいこつとは互角に戦えてもリカントにはやや苦戦する程度の強さですから、知らずにドラゴンとエンカウントしてしまうと吃驚なんてものじゃない。
あれで僕はドラゴンが嫌いになりました。
もっと嫌いなのはキメラですが。高確率で回り込むんじゃねえよみたいな(笑)。

それはともかく。
塔頂者を集めてウルク軍に協力し、ドラゴンを打ち倒そうと勢い込むジルですが、軍には相手にされず、登頂者にはあしらわれ、全くダメダメです。
と言うかコイツはいい加減自分の身の程を知るべきだと思うんだがどうか。
しかし、そんなジルを見かねた仲間達はお色気やセールストークで登頂者達を焚き付けて・・・。

カーヤは何も知らないおぼこみたいな顔して、その実なかなか心得ていると見受けたがイカがなものか。
なんかコイツが一番曲者っぽいような。
クーパはジャパネットた●た社長並の見事な口先三寸攻撃で登頂者たちをその気にさせてしまうし、こいつら別に登頂者にならなくても幾らでも生活出来るような気がしてきた。

しかしドラゴンの弱点が炎袋ってのは・・・さあ。
なんとか袋って、30年位前の少年誌に良く出ていた怪獣の断面図とかに良くあったよね。
というかドラゴンって一日に炎を吐ける回数決まってませんでしたっけ?


今回は作画が若干乱れていましたが、対ドラゴン戦というファンタジーの王道を久々に見れたのには満足です。
なんだか10代後半頃の、ファンタジー全盛期時代を思い出してしまいました。
最近はラノベでもファンタジーものが若干復権してきましたし、夏にはえらく久しぶりにスレイヤーズの新作アニメがあるらしいし(実は結構楽しみにしている)、また波が来ますかね?
posted by 黒猫 at 19:44| Comment(2) | TrackBack(17) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはです、TBありがとでした^^
ブログのお引越しをされていたのですね、コメントの後にリンクの貼り替えとかをしておきますです。

クーパの客引きならぬ登頂者引きは上手かったですよね。
今回のMVPは彼女なのかもです、まぁ実際登頂者さんたちはあまり役に立ってなかったぽかったですがw
囮役にはなったのかな?

ではでは^^
Posted by Plutor at 2008年05月20日 20:28
Plutorさんどうもです。
いやあ、処理の重さがだいぶん堪えていましたので。でも引越しした直後に再構築不要にバージョンアップされたのにはワロタ
クリティカルなタイミングの持ち主だぜ俺!
まあ、別館とかは引き続きseesaaで運用しますが。

>クーパの客引きならぬ登頂者引きは上手かったですよね。

彼女の万能ぶりは、そのまんまご主人の不甲斐なさに直結しているだけに、ちよっとかわいそうな気もします。
当事者同士が納得しているなら仕方ないですけど。
メルトはもう少ししっかりして、あまりクーパに世話をかけない様になって欲しいものです。
Posted by 黒猫 at 2008年05月23日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97165550
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「ドルアーガの塔〜theAegisofURUK〜」第7話
Excerpt: 第7話「片羽と踊れ」ケルブ将軍率いるウルク王国軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち往生を余儀なくされていた。そんな事態を、ジルは彼とは別のパーティを組む登頂者の兄・ニーバなら打開できるのではと期..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-05-18 19:51

「片羽と踊れ」 ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜 第7話
Excerpt: ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜 第7話「片羽と踊れ」  ケルブ将軍率いるウルク軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち往生を余儀な...
Weblog: Welcome to our adolescence.
Tracked: 2008-05-18 19:51

ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第7話「片羽と踊れ」
Excerpt: 竜退治。
Weblog: ミナモノカガミ
Tracked: 2008-05-18 21:07

ドルアーガの塔 −the Aegis of URUK− 第7話 「片羽と踊れ」 感想
Excerpt: やっぱこの作品は、ギャグよりも真面目にやってる回のほうがずっといいな。今回は、ジルとニーバの対比が鮮明に描かれていました。 ドル...
Weblog: メルクマール
Tracked: 2008-05-18 21:38

ドルアーガの塔 第7話 「片羽と踊れ」
Excerpt: ドラゴンとウルク軍の衝突で多くの犠牲者が出るのを見過ごせないジルは・・・ 目覚めたら目の前にウトゥの顔がドアップとかそれは驚くw フ...
Weblog: ムメイサの隠れ家
Tracked: 2008-05-18 21:45

『ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜』#7「片羽と踊れ」
Excerpt: 「いくら正しくたって、たくさんの人が死んでいいはずない!」 突如現れた片羽のドラゴンが、ウルク軍と登頂者の行く道を阻む。 苦戦して...
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2008-05-18 22:12

ドルアーガの塔 #07
Excerpt: #07「片羽と踊れ」 9.0点(幸せは3歩進んで2歩下がる)  地上最大の種族、そして最強の怪物「ドラゴン」。まして片羽
Weblog: 一期一会
Tracked: 2008-05-18 22:19

ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第07話 「片羽と踊れ」
Excerpt: ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜   お勧め度:普通   [RPG]   テレビ神奈川 : 04/04 25:15〜  BS日テレ : 04/09 25:30〜   Gy..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2008-05-18 23:58

ドルアーガの塔〜第7話・片羽と踊れ
Excerpt: ドルアーガの塔ですが、巨大な片羽のドラゴンが行く手を遮っています。ジルパーティーは、眠り花にやられそうでしたがニーバたちが助けてくれます。 ドラゴン一匹に親衛隊がかかり切りですが、ジルは協力して一緒..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-05-19 00:20

ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第七話
Excerpt:  魔物に三日三晩不眠不休で追われ続け、更に眠りキノコの胞子をくらって限界に達した
Weblog: ぶろーくん・こんぱす
Tracked: 2008-05-19 00:40

アニメ「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」 第7話 片羽と踊れ
Excerpt: ジル、沢山の仲間を得る。 あのサキュバスまじでぶっとばしてぇなぁ。 「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」第7話のあらすじと感想です。 ...
Weblog: 渡り鳥ロディ
Tracked: 2008-05-19 03:09

ドルアーガの塔 #7
Excerpt: <b>第7話 片羽と踊れ</b> 目が覚めたら 目の前にウトゥの顔(ていうか 鉄仮面;;)・・ そりゃ怖いよね(^ー^;) モコモコと眠りキノコに「食われてしまえば..
Weblog: ぱるぷんて † の〜と
Tracked: 2008-05-19 08:58

(アニメ感想) ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第7話 「片羽と踊れ」
Excerpt: ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ケルブ将軍率いるウルク軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち往生を余儀なくされていた。偵察隊の全滅という最悪の結果がウルク軍を奮..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-05-19 21:39

ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第7話「片羽と踊れ」
Excerpt: 下着姿を見られた時のエタナが可愛いです(何
Weblog: 惑星観測所の記録
Tracked: 2008-05-20 20:29

ドルアーガの塔#7「片羽と踊れ」
Excerpt: ジルが言っても皆、聞かないのねクーパの意外な才能が素敵でした支えてくれるニーバはいい奴ですね〜。行く手を阻むドラゴン!!回り道や抜け道はなさそう。ニーバは竜殺しと呼ばれていた。勇気だけはあるジル。どう..
Weblog: Sweetパラダイス
Tracked: 2008-05-21 19:29

ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜 第7話「片羽と踊れ」
Excerpt: ドルアーガの塔 the Aegis of URUK 第1の宮「危ないとこだったわね」 わ〜〜い、ファティナだ〜〜い。 うむ、やはりこの作品はファティナが出てないと面白くないね。 あま..
Weblog: シバッチの世間話
Tracked: 2008-05-22 20:12

(感想) アニメ 『ドルアーガの塔』 第7話 「片羽と踊れ」
Excerpt: ジルたちは眠い中モコモコに追いかけられ、3日間走りっぱなし{/m_0216/} 花畑に到達すると、踏んだ花から怪しげな粉が発生し、みんな意識が朦朧{/m_0143/} ニーバ一行に助けてもらう{/m_..
Weblog: ★一喜一遊★
Tracked: 2008-05-23 00:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。