2008年05月15日

MADLAX 第11話

「異国 -object-」


タナカ ブローニング ハイパワーカナディアン ガスガン

今回はヴァネッサさんが大人の色気で純情少年を誑かす話だ。


嘘つきは死んだらいいよ



ふん、冗談のわからん奴め。

本当は、バッジスが盗み出したデータの回収編だ。






バッジスって見た目はあんなだけど、ヴァネッサのボディガードにマドラックスを雇ったりとか結構ソツの無いキャラなんだね。




日頃から怪しい情報の世界に浸っているんだろうなあ。

完全な堅気ならマドラックスの存在すら知らんだろうし。




で、ガザッソニカ入りしたヴァネッサは、データの転送先がアインスという少年のPCだと言う事を突き止めて・・・。




やゆん、ゆやよんといたいけな少年を・・・




だまれ欲求不満。




・・・・・・・・・。




お色気はともかくとして、少年を騙す形でデータの回収を行ったのは事実。

でもまさか、アンファンの秘密がキミのPCに入っちゃったから回収させてね♥なんて言えないしねえ。




言わなくても結局トラブルに巻き込んでしまったのは痛いな。




アインスカワイソス




しかし最後のシーンでマドラックスがヴァネッサに銃を突きつけたのは驚いた。




甘い気持ちで首を突っ込んじゃいけないって事よね。




あと、カロッスアの行動が不審すぎるのも気になるな。




いやいや、いつも不審じゃん。




それはそうなんだけど、フライデーの部下かと思っていたら、なにやら思惑アリみたいなんだよ。




データの件もフライデーに隠していたみたいだしねー

組織の用意したチンピラさんも口封じしてたっけ。




アンファン内部も一枚岩ではないと言うことだな。




そうかもね。しかし前回はナフレスにいた筈なのに、忙しい奴。




ストーカーは多忙なんだよ。



ラベル:MADLAX
posted by 黒猫 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。