2008年05月10日

キスダムR -ENGAGE planet- 第2話

「虚身 ウツセミ」

時空を超えて
II MIX DELTA ジョー・リノイエ 永野椎菜
B000P0I83G


時を越えて・・・




OPソングかっけえええええ。
個人的に歌としては、マクロスFのOPより好きです。
SE入れまくりなのは二昔前のアニメっぽくて懐かしい感じですね。


さてさて、由乃に刃物(死者の書)で刺されたユッキー・・・じゅなくて、シュゥは蘇生を果たしますが、生き返った彼はもう今までの人間ではなく、ネクロダイバーと呼ばれる存在になっていました。

はるか太古から人類に課せられた宿命、それが今回のハーディアンによる災禍であり、ネクロダイバーとは人類の代表としてハーディアンに立ち向かう者。
人類代表の選出方法がえらく杜撰と言うか、あれなら誰でもよかったんじゃね?という気がしなくも無いですが、華麗にスルゥー。

むしろ、この"宿命"が、いかなる因果によってもたらされたものなのかが物語の核心ぽいですね。
それこそどこかの宇宙的恐怖神話体系みたいに敵対する存在間の争いに巻き込まれた形なのか、それとも知的生命とやらが人類に課した試練なのか。
あと由乃がN.D.I.Fに死者の書を渡すのを拒否していたのは何故か。
N.D.I.Fが死者の書をどう使うつもりだったのか、あるいは由乃自身にどういう考えがあったのか。
物語の伏線の様に見えて、実はそうでもなかったりしてww


あとは・・・ハーディアンが人を食うところがなかなかショッキングでした。
ガジガジと食うのではなく、パクリと一口で食っちゃうシュールさに呆然。
ネクロダイバーになった途端変な女がシュゥのまわりをうろつき始めたのも・・・あー、あれって3日位徹夜したら現れると噂の妖精さんか?
腕がバルカン砲になったり、妖精さんが現れたり、ネクロダイバーって楽しそうですねw
posted by 黒猫 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。