2008年04月04日

神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック 大迫純一

神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック (GA文庫 (お-02-10))神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック (GA文庫 (お-02-10))
大迫 純一 BUNBUN

ソフトバンククリエイティブ 2008-02-15
売り上げランキング : 12874
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





これまでにも何度か本編にてその存在に触れられていた"シェリカ"。
メモワーズ・ブラックでは、そんなシェリカとマティアの出会いが語られます。


もともとはキネティック版に収録されていた2編のうちの1つですが、かなりの修正加筆が加えられてボリュームも結構あります。

また、キネティック版のシナリオを執筆したのはサイレント・ブラックの直後。
そのキネティック版がベースの本作は・・・黒ポリ初期の倒叙ミステリーテイストが強く、伏線が複雑にこんがらがって来ている最近の作品に比べると素直に楽しめました。
何と言うか、色々背負った犯罪者もいいですけど、今回のヤグニみたいな小物丸出しの悪人を見ると、色々な意味でホッと出来るんですよw
追い込まれると、明らかに台詞の端々にボロが出てくるし、かわいいなあ、もう。(おい)


あと、初対面の筈のシェリカといきなり一緒に入浴とか、いつになく積極的なマティアが素敵。
このイレギュラーな積極性も、多分何らかの伏線なんだと思うけど、そんな事は一端置いておいて、明るいマティアに萌えませう。
巻頭カラーPでいきなり肌色ワールドだし、サービスにも余念がないですね(笑)。



本作品は単にキネティック版を多少弄って本にしましたというものではなく、ポリ黒シリーズ終盤のキーキャラクターとして、シェリカを本編に投入するという意図があって、そのために必要なエピソードという立ち位置。レオンが主役の外伝とはまた違う、黒ポリ6.5巻とでも言うポジションです。

よって、若干ながらシリーズを意識した伏線が追加されている模様ではありますが、気にしなければ気にならないという程度のもの。
久々にシンプルなミステリーとして楽しむ方が健全かも。
posted by 黒猫 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(2) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック
Excerpt: [[attached(1,center)]] GA文庫発行    著/大迫 純一 著    イラスト/BUNBUN {{{ ある日マナガとマティアが街で出会った宿無しの少女シェリカ。2年前、父親..
Weblog: 彩彩華美
Tracked: 2008-04-04 23:12

[大迫純一] 神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック
Excerpt: 二年前。マティアの昇進祝いの帰り道で、ふたりはシェリカと名乗るひとりの少女と出会った。人見知りするマティアが、浮浪児である少女を家に連れて帰り、あまつさえ笑顔まで見せるとは、と驚いたマナガだが、二人の..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2008-04-05 20:57

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。