2008年02月19日

鉄(くろがね)のラインバレルを読もう

秋からアニメ化されるそうで(権三だけどな)、何気に単行本を数冊黄色い店で買ってきたのですが、これがまた面白いです。巻毎の感想は別館の方にチマチマアップしていきますので、こちらでは大まかな概要の方を述べますと、ぶっちゃけロボットバトル漫画です。(ぶっちゃけすぎだろw)
作者の人は以前バクライガ描いていた人ですね。

ラインバレル最大の特徴は、何と行っても主人公浩一がものすげー厨房な事です。
ラインバレルのファクターとして転生したことで、常人以上の身体能力を得た彼は、その力に酔いしれて好き放題暴れる日々。
そのせいで親友を亡くしてからは多少厨臭さが抜けましたけど、それでも時々厨モードに入ってしまうところが可愛らしい。

一応ヒロインかも知れない(笑)城崎に最低と呼ばれるだけはある厨っぷりですけど、読んでいてあまり嫌な感じがしないんですよね。
それは、浩一の厨を作者自身が温かい目で見守りながら描いている雰囲気が伝わってくるからかもしれません。
という事で、物語のテーマは浩一の成長モノ。
昨年、権三はデリケートなテーマ性を持つロボットバトル漫画をアニメ化して、監督の放言やミスリード等で散々話題となりましたが、今回はどうなるでしょうかね。
テーマ性ははっきりしているだけに、余程の事が無い限り読み違える事は無いと思いますが。
ただ、谷口悟朗さんと平井久司さんが関わっていると言うことで、リヴァイアスみたいな方向に持ってかれると辛いなあとも思ったり。

僕もまだ4巻までしか読んでませんけど、スクライド的なノリに持っていければいい感じになるんじゃないかと思います。


とりあえず一言。

当然山下は萌えキャラだろJK



鉄のラインバレル 8 (8) (チャンピオンREDコミックス)鉄のラインバレル 8 (8) (チャンピオンREDコミックス)
清水 栄一 下口 智裕

秋田書店 2007-12-20
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 黒猫 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。