2008年02月04日

Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち- 第1話

「猫は笑わない」

さて、本日スタートとムネモシュネの娘達です。
月イチペースで1話45分、全6回予定と言うことで、感覚的にはOVAみたいなものですね。
さて第一話は・・・。



いや、こういう大人の能登もなかなか良いんじゃないかなと思った。むしろ声質が低いので、大人役のほうがしっくり来る気がしますね。

新宿で何でも屋(別に私立探偵でもいいと思う)の事務所を営む麻生祇燐が依頼の猫探しをしている途中、黒服の男たちに囲まれている青年を助けた事から、グロテスクな事件に巻き込まれてゆくというのが今回の物語。
前半は非合法企業の陰謀ものと思わせて、後半はバイオハザード調でした。
第一話という事もあってか、基本的にはキャラ紹介的な面が強かったですかね。燐が不死身な件とか、釘がどうやら歳を取らない人っぽい件とか。
他にも、燐に見えている謎の大樹とか、そこから撒き散らされている泡状の物体とか、燐を狙う女殺し屋とか、後への結構な量の謎がばら撒かれていました。
とりあえずあの殺し屋(ローラ?)は今後も出てくる気がしますね。そもそも何で燐を付け狙っているのかもよく判りませんし。

で、放送前から色々言われていたエロ方面ですけど、確かにエロいです。
この辺、やっぱり衛星+視聴制限の賜物と言いたいところですが、エロいんだけどいかんせん貧乳派としましては、燐の(以下略)。まあ、オマケ程度に捉えておきましょうか。

気になった点は。
舞台が1990年とバブル真っ只中時代なんですが、あまり街の様子や通行人の服装等が現在と変わらない気がします。イカンですね。
やっぱり当時らしく吉田栄作ヘアーにサングラス男とか、やたら眉毛太く描いた前髪パーマ女とか、そういう当時を偲ばせるものが欲しいです。PCの画面はMS-DOSっぽくて当時らしい感じはしましたが、当時にあんなノーパソは無いだろう・・・。

色々思うところはありますけど、一話の印象としてはソツなく纏っていて、結構楽しめました。
継続して見て行こうと思います。



posted by 黒猫 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち- 第1話「猫は笑わない」
Excerpt: AT-X開局10周年記念作品の「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」 視聴年齢制限の通り、その内容は酷い。アニメーション作品として酷いわけではないが、そのテーマと表現方法はエログロの程度と言..
Weblog: アニメレビューCrossChannel.jp
Tracked: 2008-02-06 20:27

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。