2008年01月20日

ドラゴンキラーあります 海原育人

ドラゴンキラーあります (C・NOVELSファンタジア)
4125009929


無法者が集まる街に住む元脱走兵のココ。
この街で便利屋家業を営む彼の元に転がり込んできたのは、ドラゴンキラーと呼ばれる最強の生物兵器リリィと、その連れアルマ。
実はアルマは某国の王女で・・・。

舞台となる街が街だけに、みなさんとても口が悪いです。
トラブルになると、交渉よりも先に鉛弾が飛び交い、死人が出ても直ぐに掃除屋が片付けてしまうなんて・・・それなんてロアナプラ?

ストーリーは帝国のお家騒動を巡るもので、特に捻ったものではありません。ドラゴンキラーと言う存在についても、基本的にはものごっつい超人だと言う認識で問題ないでしょう。
結構血腥い展開なのに、どこか軽妙な雰囲気なのは美点。言い換えるとそれだけ命の価値が安い世界と言う事でもありますが、最近はこういうマッチョズムが流行しているのは承知なので、特にそれについて思うところはありません。
そういうものだと思って読めば、多分さほど気になる事もないのでは。
飛びぬけて面白い!と言うほどではありませんが、リリィさんの変化してゆく様子はそれなりに見ていて微笑ましいものがありました。
基本は堅物なんですよね、リリィさん。
・・・まあ、僕はパン屋のアズリルがいいなあと思う訳ですけれども(笑)。


*過去記事*
ドラゴンキラーいっぱいあります感想
ドラゴンキラー売ります感想




posted by 黒猫 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。