2008年01月08日

断章のグリム U ヘンゼルとグレーテル 甲田学人

dg2.jpg
断章のグリム(2) ヘンゼルとグレーテル断章のグリム(2) ヘンゼルとグレーテル
甲田 学人

メディアワークス 2006-07
売り上げランキング : 42847
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今回はヘンゼルとグレーテルをモチーフにして、ちよっぴり社会問題も絡めつつ・・・という物語。
前作に引き続き痛い、怖い、気持ち悪いと三拍子揃っており、ホラーが駄目な人は最初からお断りという潔さを感じます。
展開そのものは割と先が読めるんですが、それでも二転三転させるので盛り上がりは充分。
冷蔵庫を開けるのがちよっと厭になってくる事請け合いです。
ただ、気になったのは今回主人公の片割れであるところの雪乃の中二病成分が相当悪化した事かな。
何かにつけて「殺す」を連呼するのは痛い。痛いというよりもむしろイタイ。魔方陣柄のピルケースとか、作者は明らかに狙ってやってる節はあるんですけど、やりすぎですよこれは。
ギャグかと思ったw

この部分、あまり強く鼻に付くと辛いものがあるので、とりあえず作者さんには自重要請。
ホラー部分の出来が良いだけに、尚更気になってしまうんですよねえ。
もっとも、グロ系なんで尚更の事人を選ぶんですけどw

ちなみに作者はあとがきで自分の作品はグロじゃないとか言ってますが、それって雪乃の中二病が感染したとしか思えない発言です(笑)。
posted by 黒猫 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。