2008年01月08日

獣神演武 第13話

「二天神尊」
獣神演武 2 (ガンガンコミックス)獣神演武 2 (ガンガンコミックス)
荒川 弘

スクウェア・エニックス 2008-01-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


遂に相見える破軍と貪狼。
しかし敵の数は多く、不利と見た岱燈達は一旦寂光窟に退避するが・・・。



やられた。
AT-Xは13話放送日が大晦日特別編成で、通常編成は休みだったので翌週回しかと思っていたら、本来リピート放送日に13話をやるという変則放送だったらしい。
事前に今週は放送が一回しかないよ〜とかテロップが流れていたけど、そういう意味だったのか。

で、仕方が無いのでムニュムニュで視聴。
うーん、話の折り返し点と言うことで、作画は結構良かったですね。
物語の方も慶狼が出てくるとシャキっと締まる感じ。良作画との相乗効果で、このアニメって実は面白いんじゃね?と錯覚してしまったじゃまいかww

いや、毎回この水準なら文句無いんですけどねえ。
さて、今回は劉煌が慶狼の手に落ち、将鶴の説得によって貪狼側に付く事になるという展開。
主人公の友が敵に回ると言う展開はありふれた物ではあるけど、貪狼側には目立ったキャラが少なかっただけに、これでバランスが取れてきたかも知れません。
一方の破軍も、劉煌の抜けた穴に虎楊が入りそうですしね。
どうでもいいが虎楊って、フーヤンって読むのか?何かゴンドラから矢や肉を飛ばして狼退治する豚みたいな名前だなあ(笑)。
ラベル:獣神演武
posted by 黒猫 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。