2008年01月03日

女神のための円舞曲 大石英司

女神のための円舞曲女神のための円舞曲
大石 英司

中央公論新社 2007-10
売り上げランキング : 108056
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ドンパチ作家大石英司氏のファンタジー路線第三作目。
一応「神サイ」「ぼくここ」と、この「女神」で三部作完結なんだそうです。

ある市民文化ホールに怪談めいて語り継がれてきた25年越しの「予約」。
その日が迫るにつれ、運命の歯車がゆっくりと回り始める――。

いや、何が凄いって、一見バラバラに散りばめられた個々のエピソードが、恐ろしい位にぴたりと1つに収斂される構成。この構成の巧さはやはり、作家としてのキャリア故なんでしょう。
舞台は広島県尾道市と言うことで、いわゆるしまなみ街道ですね。作者のブログによると、実際に夏頃に現地取材を行ったらしく、レンタル自転車の描写が妙に細かいのには笑いました。
その一方で、しまなみの情景描写に関しては今一歩だった気もします。
僕はしまなみの対岸側の県の住人で、実際何度も橋を渡ってますから、あの描写でも充分雰囲気は伝わってきましたが、そうでない人には瀬戸内の雰囲気は伝わりにくかったかも。

あと、今回の物語は瀬戸内の海みたいに静かでゆったりと進行するんですが、もう少し起伏があっても良かったのでは・・・?と思いますね。
例えば、重い過去を背負い、殺人まで犯してしまったある女性のエピソードなんかは中盤の山場の一つだっただけに、さらりと流れてしまったのは勿体無い。
主人公の身神にしても、彼女の一族の宿命に関する部分がいきなり最後に提示された為に、ちょっと戸惑いを感じましたし。これ、例えば子供の頃の母親との記憶をなど断片的に散りばめて描けば、あの「能力」を含めて、もっと自然にまとまった気がします。
例えるなら、「ぼくここ」の冒頭部分の様に、全てが明かされてから読み返すと、ああ、こういう事だったのか・・・と理解できるような、そんな仕掛け。

と、色々描きましたが、バラバラの伏線がジグソーパズルのように組み合わさってゆく様はカタルシスすら感じますし、難病やワーキングプアなどの社会問題も上手く盛り込んでいて、作品としては充分面白いものでした。
ちなみに大石氏はシニカルな作風と、ブログや2ちゃんねるでの袈裟懸けに斬り捨てる様な発言から、ぱっと見辛辣な人と思われがちですが、よく読むと社会問題に対する論調は最近流行の上位承認には絶対擦り寄らないスタンスで、いわゆる一つのツンデレさんです。
そんなツンデレぶりを前二作以上に強く感じました(笑)。



ラベル:書評
posted by 黒猫 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

女神(ミューズ)のための円舞曲(ワルツ)  大石英司
Excerpt: 女神のための円舞曲/大石 英司 大石英司 中央公論新社 2007 STORY: 役所に残された奇妙なオーパーツのために、身神は市民オーケストラをプロデュースすることになって…。..
Weblog: 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)
Tracked: 2008-02-08 15:39

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。