2007年09月15日

鏖殺の凶鳥―1945年ドイツ・国籍不明機撃墜事件 佐藤大輔

鏖殺の凶鳥(フッケバイン)―1945年ドイツ・国籍不明機撃墜事件鏖殺の凶鳥(フッケバイン)―1945年ドイツ・国籍不明機撃墜事件
佐藤 大輔

富士見書房 2000-03
売り上げランキング : 156384
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



第三帝国崩壊直前の1945年。
グロスマイスター大尉はベルリンに召還され、ヨーロッパ一危険な男、オットー・スコルツェニーから、田舎町カッツェンボルンに、ある極秘任務で向かう様命令される。
その極秘任務とは、空軍のジェット戦闘機によって撃墜された国籍不明の飛行物体の回収任務だった・・・。


うーん、これ、SFなのか冒険なのかはたまたホラーなのか、実に判断に苦しむ作品です。
人物の描き方が微妙にヒギンズ風味だったりして、冒険小説かなあ、列強の策謀が渦巻いてるし・・・とも思うんだけど、国籍不明の飛行体(UFO)が出てくるし、ゾンビも出てくるし。
とりあえず、ゾンビとの戦いに一番頁数割いているからホラーとしておきましょうか。

で、物語としては若干詰め込み気味ですが、それなりに面白いです。カッツェンボルンに墜落したUFOに関しては、ナチはともかく、実は米英ソもその存在を知っていて、田舎町を舞台に壮絶な争奪戦が繰り広げられるのも見所なんですが、やっぱり、UFOの存在を列強が知る事になった発端――2年前に日本で発生した同様の事件――が物凄く気になりますね。
作者の佐藤氏はいわゆるグロース・ドイッ厨ラントな人なので、後半に出てきた数々の色物変態兵器を登場させるためにドイツを舞台にしたのだと思いますけど、むしろこの本のメインとなる、宇宙人によってゾンビ化された村人達との戦いというプロットは、日本でUFOが撃墜されたと言う秩父山中を舞台に書いてくれた方が、より不気味感が出て良かったのではないでしょうか。陸の孤島みたいな山中の村が一夜にして・・・みたいな。

それにしても日本軍は墜落したUFOの宇宙人と戦い、UFOを破壊したそうですが、一体どうやって破壊したのでしょうか?B-17の絨毯爆撃も、V-2ミサイルの盲撃ちも通用しない相手だとういうのに。
やはり日本らしく歩兵による白兵戦・・・対未確認飛行物体跳梁攻撃か。抜刀してUFOに乗り込み、屍人異星人何するものぞ、見よ壮烈なる大和魂と最期は鬼畜異星人もろとも玉砕。嗚呼軍神肉弾三勇士・・・みたいな話を想像してしまった(笑)。


作者の性格からしてもネタ小説の色合いが強いので、ガチな戦記ものを期待すると著しく肩透かしとなります。ネタをネタとして許容できる人向けか。


↓文庫版↓
凶鳥“フッケバイン”―ヒトラー最終指令 (角川文庫)凶鳥“フッケバイン”―ヒトラー最終指令 (角川文庫)
佐藤 大輔

角川書店 2003-10
売り上げランキング : 243505
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:書評
posted by 黒猫 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>佐藤 大輔
懐かしい〜名前を見て、ついコメントを(w)
昔、「逆転・太平洋戦史」や「覇王信長伝」などなどを読んでおりました。
リアリティーを追求しているにも関わらず・・
何故か、かなりぶっ飛んだ設定も多かった・・(苦笑)
ネタ小説として読む分にはかなり面白かった記憶があります。
この作品も、やはり・・その系統みたいなんですね(w)
Posted by 草刈鷲士 at 2007年09月15日 16:44
草刈鷲士さんまたまたです。
おお、大ちゃんをご存知でしたか。僕も昔レッドサン・ブラッククロスとか征途とかパシフィックストームとか色々読んでました。
その後皇国の守護者になってからは、日露戦争当時っぽい時代背景に変わったのに付いていけずに離れていたのですが、久々に手に取ってみた次第です。
ちなみに当時は馴染めなかった皇国も、漫画版を何巻か読んで面白かったので、そのうち小説のほうも・・・と思っています。

>リアリティーを追求しているにも関わらず・・

ディティールは正確に、ストーリーは好き勝手に・・・の見本ですから(笑)。

>この作品も、やはり・・その系統みたいなんですね(w)

ズバリその系統です(笑)
Posted by 黒猫 at 2007年09月15日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55438915
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。