2007年07月23日

図書館内乱 有川浩

図書館内乱図書館内乱
有川 浩

メディアワークス 2006-09-11
売り上げランキング : 4052
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
→bk1で探す



前作「図書館戦争」が面白かったので、続きを・・・と手にとってみました。

ふむ。今回は短編形式で、図書隊の皆さんにスポットを当てて行こうと言う趣向。
一応設定には、言論、表現に対する規制と、それに立ち向かう図書館という構図があるんですが、この辺は大枠としての設定であって、本編はあくまでフランクな会話を中心に据えたキャラクター小説です。なので、今回のように短編形式でレギュラーキャラを掘り下げるというのも、作品の性格上非常に有効な手法です。

・・・が。


なんつーか、無敵フラグはちょっと。


二話目で、作中にある本が登場します。これは作者である有川氏の著作で、「内乱」に続いて他社から発売された本でした。まあ、簡単に言うと他社から出る本のCMを作中でやっちゃうというだけの事で、最近はこういうの別段珍しくもないので、さして気にすることもなく生温かい目で見守っていたのですが。
四話目で、その本がネット上の書評で酷評されると言う話を持ってました。
一応、酷評したのは図書館員で、しかも図書館のHP上で酷評したというイレギュラーな事態を設定していますが、問題の書評文として故意に、「罵詈雑言と主観だけでの酷評」という醜悪な文章をこれどーよと出してきたのはひいた。
いま、こうして僕が書いている様に、どの部分が気に入らない、どの部分が気に入ったというのを明記するのはのは書評のお約束で、ただ漠然とおもしろい、つまらない、とかそんなのは書評じゃないでしょう。
もちろん作者としては、苦労して書いたものを酷評されたら、何だこの野郎!と言う気分になるのは承知しておりますけどね。
それでもあまりに恣意的な書き方を見て、二話でやった他社から出る本の宣伝を非難されたら嫌なので、非難する人はみんなこの手の罵詈雑言野郎です!と印象操作するために事前予防線としての無敵フラグを立てた様な気がしてなりません。図書館員が・・・というオブラートで包んではいますけどね。
これって、この作者が作中で好んで使う言葉で言い表すと

ず る い

の一言です。

別に非難されてもいいじゃないですか、アンチもファンのうちと鷹揚に構えていればこんな事もやらなかったんでしょうけど。うーん残念。
あ、一応擁護しておくと、その部分をバッサリ「無かった事」として読めば、いつものテンポの良い会話や、堂上教官のフルタイム血圧高そうなハッスルぶりが堪能できます。
贅沢を言うと、堂上教官は本シリーズに於ける数少ない常識人なので、同じく血圧が高いものの、火病の気がある郁ともっと絡ませて欲しかったかなと。折角郁の父親も堂上に色々なものを無言で託していったんだし(笑)。その辺も一切合財含めて次巻に続く!ですね。

てか、もの凄いタイミングで話を切るんだもんなあ・・・。


ラベル:書評
posted by 黒猫 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春・恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。