2007年06月27日

灼眼のシャナU 高橋弥七郎

灼眼のシャナ〈2〉灼眼のシャナ〈2〉
高橋 弥七郎

メディアワークス 2003-04
売り上げランキング : 5119
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



さて、大人気シリーズの2巻目を今更読んだ訳だけど・・・。

申し訳ない、未だに燃えどころが掴めない。世間では燃えと萌えのバランスが良いと絶賛されているだけに、それを感じられないのは僕の読解力が不足しているんだと思う。
思うけど・・・大人気作品である理由というか、原因が今ひとつ見出せません。

今回の敵はシャナと同じフレイムヘイズという設定は、確かに熱いものを感じさせたんだけど、「無害な紅世の徒を狩る者と、それを阻止する物」って構図が今ひとつピンとこない。
確かに今回登場の徒であるラミーは、フリアグネとは違ってなかなか人格者?みたいだけど、彼が何の為にトーチを集めているのかという明確な理由すら提示されないまま「彼を狩る者」と「彼を守る者」との対決が始まっても、一体何処に感情移入して良いのか戸惑うばかり。世界のバランスを保つ為とか言われても、たった一人の徒の命で崩れるものなのかと言う疑問ばかりが残ります。

同様に、今回シャナと戦うフレイムヘイズ、マージョリーと田中と佐藤(昔の総理大臣みたいな名前だな)コンビの立ち位置も今ひとつはっきりしない。
彼らが何故抵抗も無く非日常の世界の象徴であるマージョリーを受け入れられたのか、そもそも佐藤にはどんな家庭の事情があって、どんな風に崩れていたのか、マージョリーを戦いに駆り立てる物は何か・・・こうしたキャラクターの土台が定まっていない状態で物語を進めても、ただただ文章が感情の遥か上を素通りしていくばかりです。心理描写を長々と続けるチープな作風は個人的に嫌悪対象ですが、ここまで心理描写をすっ飛ばされても・・・ねぇ。

まあ、こうしたキャラクターの土台は後の巻で少しずつ補完されていくのかも知れませんし、とりあえず既刊買い込んでしまっているので、感想は続ける予定です。






posted by 黒猫 at 22:50| Comment(8) | TrackBack(1) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕はシャナは5巻で挫折しましたorz


話題になってるのは、アニメのほうなのでわ?
Posted by いーじす at 2007年06月28日 11:17
いーじすさんお世話になってます。

5巻で挫折ですか。正直な所本を買い込んでなかったらこの2巻で切った可能性激高です(笑)。

アニメは未見なのですが(レンタルして炊いたのは手元にあるけど・・・汗)まだ現在の様にアニメ化するラノベがネタ切れ気味になってなかった時期のアニメ化と記憶していますので、やっぱり人気があってのアニメ化だったんだと思います。

何だかんだ言っても長寿シリーズですから、どこかに支持されるポイントがあると思うんですが、それを見つける事ができない・・・orz
Posted by 黒猫 at 2007年06月28日 20:35
この作品、私の場合は
『アニメ一話鑑賞→小説を12巻まで一気買い→2冊読了→アニメ三話鑑賞後、予約録画解除→時間をかけて、頑張って9巻まで読了→放置→現在』
という流れになっています。
買い込んでいなければ、確実に切り捨て対象でした。

なんか、金髪化後のド●ゴンボールを見ているようで気持ちが萎えるんですよね。
皆Lv最高、パワーゲームだ殴りあえ。みたいなのは面白みが無いと思うんですけどね。
Posted by 影法師 at 2007年06月29日 13:13
影法師さんどうもです。
いやあ、この作品に関しては辛い人多い様で、自分の感性が錆付いていた訳ではないと安心いたしました(苦笑)

僕の場合はアニメ抜きで同パターンです。一応アニメも見なきゃなあと思いつつ、原作がアレだったのでなかなか手が出ません。

>なんか、金髪化後のド●ゴンボールを見ているようで気持ちが萎えるんですよね。

ああ、それ判ります。やっぱりジョジョの様に騙し騙されの心理戦の方が個人的には好きです。
しかし・・・この作品を支持している層って、どんな層なのかちょっと気になります。
Posted by 黒猫 at 2007年06月30日 09:31
    /:: ::/:: :: :: :: /イ:: :: ::\:: :: ::/ l:: :: :: :: :::l l:: :| ',:: :: :: l:: :: :: l:: :: :: :: :: :: l:: ::l: /: |::
    |:: ,イ:: :: :: :: //|:: :: ::/ |::\/  l:: :: :: :: :l l:: | ',:: :: ::.lヽ:: ::.l:: :: :: :: :: :::!:: :l::/:: |::
    |::/ !:: :: :: ::/イ !:: :: / !:: :/\  l:: :: :: : l  l:::|  ',:: _:l_ヽ::_:l::_::_:: :: ::|:: :|:: :: :!::
    |/ |:: :: :: /  :|:: ::/イニ二_,\l:: :: :: リ rゝ!'' ̄ヽ:: :: l ヽ:: l :: :: :: :: :::|:: :|:: :::/::
    |!  l:: :: :/   |:: /∧ l jト イl ヽ !:: :: :| ´  ヾ ,ィニ二二_::lヽ:: :: :: :::l:: ::!:: /::
    |!  l:: ::/     !::/l  トj;;;;;;;i|   ヽ:: ::|   イ jト  イハ \ヽヽ:: :: :: /:: :!::/::
      ヘ:: |    N:ハ.  い ;;;ノ|    ヽ::|    トj;;;;;;;;;;;;i l //|ヽ:: ::/:: ::l:/:: ::
       ヘ|      |:ハ 弋 =ソ    ヾ'、     ! ト二イ./ 〃  !::l:: /:: :: !':: :: :
                 |::ハ ´ ̄ ̄`          ト ト イ/    |: |:/:: :: :|:: :: ::
                 |:::ハ :::::::::::::::::         ´  ̄ ̄`      !::l/:: :: ::|:: :: :: :
                 |:: ハ        '       :::::::::::::::::::::::   |:: :: :: :: :|:: :: ::
                 |:: :: \                   , イ-l:: :: :: :: ::!:: :: ::
                 |:: :: :: ::i> 、   ヽ           イ/  !:: :: :: :: l!:: :: ::
                 |:: :: :: ::|   丶、         , 彡  !   !:: :: :: :::||:: :: ::
                 |:: :: :: ::|     > 、 _ ,,  <     |   |:: :: :: ::l l:: :: :: ::
                 |:: :: :: ::|         l         l    !:: :: :: l l:: :: ::
                 |:: :: :: ::|__, z=ー―''冫         ヽ--.|:: :: :: l  l:: :: ::

釘宮ボイスは「ツンデレ」専用ww
自分も、シャナは原作放置ですねぇ〜。
そろそろ終わるらしいので、終わってからまとめて読もうと思っています。
Posted by セトラ at 2007年06月30日 12:35
くぎゅは俺の嫁!!!!!!!!!!!!!!!

すいません冗談です。
もうすぐゼロ魔2が始まるので挙動不審になっております。

原作には皆さん色々思うところがあるようで。原作ファンに何かと比較されるゼロ魔は一巻読んだ途端すっかり引き込まれたんですが、どうもシャナには今のところ引き込まれる要素が・・・。
でも頑張って最期まで付き合うつもりですよ〜
Posted by 黒猫 at 2007年06月30日 22:14
自分は10巻ぐらいまで読みましたよ。
長い間忘れてたのでうろ覚えですが、たしか今の話と昔の話が巻ごとに分離してたような気がします。
たしかに小説は微妙かもしれませんねぇ、設定がものすごく無理があるみたいな、そんな感じですねぇ。
やっぱり、いとうのいぢさんが挿絵をしてる小説(ハルヒとかシャナとか)って売れてますんで、絵にツラれる人が多いのかも・・・。
まあ、そういう自分の知り合いはシャナにはまりまくってますが(笑)
Posted by Ageha at 2007年06月30日 23:15
Agehaさんどうもです。
おおう、皆様色々な意見がおありのようです。

これはあまりに個人的見解過ぎるので、敢えて記事には書かなかった事なんですが、自分の場合この作者の言葉の使い方が合わないってのもあります。歌の歌詞なんかでもそうなんですけど、平易な言葉でも使い方次第でムードや強いメッセージを打ち出すことは出来ますし、逆に小難しい単語を並べたからと言って、知性を感じるかというとそうでもなく・・・。
少なくとも自分はこの作者の文章を「カッコイイ」とは感じられず「小賢しい」と感じてしまってます。(ファンに殺されるな・・・)

>のいぢ絵

ラノベは9割のイラストと、1割の作者の才能で出来ているという至言がありますから〜。
いや個人的には異議ありなんですけど(汗)
Posted by 黒猫 at 2007年06月30日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

灼眼のシャナ(2)
Excerpt: 灼眼のシャナ 2posted with 簡単リンクくん at 2006. 3.24高橋 弥七郎〔著〕メディアワークス (2003.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-06-28 02:41

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。