2007年05月31日

神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック 大迫純一

神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック
大迫 純一 BUNBUN

ソフトバンククリエイティブ 2006-12-14
売り上げランキング : 1844
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今回はマナガとマティアが休暇中に巻き込まれた騒動と言うことで、いつもの雰囲気とは違う、いわば番外編とでも言うべきお話です。
番外編ながら、あるいは番外編だからこそかも知れませんが、マティアの意外な一面が見られたりして、妄想に火が付いたりもしましたが、まあそれはそれ。


休暇を利用してスキーにやって来たマナガとマティア、ちょっとしたミスで宿をとれず困っていた所、偶然居合わせた大学生男女5人組が、自分達の泊まる予定の山荘に来ないかと誘ってくれた事から、予想もしなかった騒動に巻き込まれてしまいます。

いやいや、いい意味で裏切られましたね。
ここまで展開が読めなかったのは久しぶりです。最初は館ものかと思わせて、中盤ではもしかしてホラーかと思わせて、最期はこうきたかという感じ。
まあ、ラノベらしいと言えば実にらしい展開ではありましたけど、ポリフォニカシリーズの共通テーマ?をきちんと遵守した物語だった、とだけ書いておきます。
友情、罪、精霊と神曲、・・・一見するとバラバラの要素が、きちんと根底では繋がっていて、終盤でそれらが一気に収束される様は見事でした。

それにしてもあのデブやナンパ男やオタがあんなに熱い連中だったとは・・・。今まで作者である大迫氏の、「限りなく体育会系に近い文系」というキャッチコピーに対して、え?そうなん?程度にしか思ってなかったのですが、今回はまさに体育会系のノリだったと思います。こういう話好きなんだよなー。
いつもと一味違う黒ポリ、大いに楽しませてもらいました。


ところでミノちー、黒の時代にもまだいたんですねえ・・・(嬉)


posted by 黒猫 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(2) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[大迫純一] 神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック
Excerpt: 突然、目の前に転がってきた長期休暇に笑みを浮かべつつ、戸惑うマナガとマティアは、友人の写真に引かれて、まったくやったことのないスキーをやりに行こうとしたが、予約もなしに出かけたため、宿が取れなかった。..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-05-31 09:51

神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック
Excerpt: 思わぬ形で1週間の休暇をもらったマナガとマティアは、出かけた先で偶然出逢ったマキハ・クラムホンら学生5人に招かれて、彼の母で神曲楽士のマキハ・シャレディソンの別荘に泊まることになった。初めてづくしの旅..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2007-05-31 21:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。