2007年05月16日

戦艦人間ハヤト 起動!白銀の宇宙戦艦!! 大迫 純一

戦艦人間ハヤト戦艦人間ハヤト
大迫 純一 hippo

ホビージャパン 2006-09-30
売り上げランキング : 28465
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





黒ポリで大迫氏の作風が気に入ったので他の作品にも手を出してみました。

ああ、何だろうこの微妙な既視感は。
主人公ハヤトがある日突然宇宙戦争に巻き込まれてしまうという話で、行きがかり上この戦争に加担せざるおえなくなるんだけど、交戦している異星人というのが・・・地球人から見ると微生物サイズの存在。だから地球(正確にはご町内)に襲来する敵の戦艦というのも、精々50cm〜2m程度の大きさ。
何かこういうのって、藤子・F・不二雄氏の短編にありそうな感じです。

ネタ的にはこれに加えて変身ヒーロー的な展開もありますが、はっきり言って目新しいものではなく。
むしろ全体的に懐かしい感じが漂っています。特に今の20代終盤から30代の人には結構心地よい懐かしさなんじゃないでしょうか。
SFかと思わせて、実は「すこし・ふしぎ」だったりとか。
ただ最近流行の、エロゲーからエロを抜いた様な物語のラノベとは全然雰囲気が違うので、そっち方面の好きな方にはあまりウケが宜しくないかも知れません。
そういう意味で、どちらかと言うと若い方には不向きかも。

あー、あとイラストが微妙です。構図に勢いがあって作品の雰囲気にはマッチしていますが、細部の書き込みに致命的な問題があるような。

という訳で、個人的には充分楽しめたけど、ちょっと人を選ぶ作品かなとは思いますはい。


posted by 黒猫 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(2) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[大迫純一] 戦艦人間ハヤト 起動!白銀の宇宙戦艦!!
Excerpt: いつものように幼馴染の香奈美と帰宅中していた隼人は突然吹っ飛ばされた……はずなのに、目が覚めたら、同じ場所に立っていた。ただし、1日時間が進んでいる。空白の1日に何があったのか。 その日から、隼人は妙..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-05-16 20:59

戦艦人間ハヤト
Excerpt: シュールだ…… 戦艦人間というタイトルからしてぶっ飛んでいるのに、 いざ蓋を開けてみると……うへぇ。
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-05-18 00:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。