2007年05月13日

ぼくらの 第3話

「秘密」

唯一つだけ、彼の命だけが消えていた・・・


「俺は、隠されたヒーローになる」

ジアースから落下して波間に消えたワク。
その件を巡って警察に取調べを受ける事になった少年少女達。
しかし既に全員で口裏を合わせ、ワクのことは知らぬ存ぜぬで通す事になっていた。
なんつーか、皆比較的平気な顔で嘘をついているのがとても嫌な感じだな。
しかしそこは警察もバカじゃなく、何か隠し事をしている気配は掴んでいるようだけど、流石に彼らがロボット(怪獣)騒動の中心地にいるという事まで突き止められるかどうかはまだ未定。


しかし、彼らの戦いは地球を守る為の行為だっとしても、前回の戦いで既に2000人以上の死者が出ている。(死者より負傷者が少ないのが気になるけど)一般市民は当然彼らの使命なんぞ知る訳も無いから、ジアースを怪獣扱いしている始末。
むしろ皆が彼の事を隠した行為は、かれと彼の家族にとっては幸せだったかも知れない。
もしあの時ジアースを操っていたのがワクだと知られれば、彼はヒーローは愚か2000人殺しの極悪人という事になるんだから。


後半はワクの葬式。
前半の取調べにしろ、葬式にしろ原作には無いシーンだけど、原作はかなり淡々と進むので、肉付けするという意味でこういうのもアリかもしれませんし、今回は成功していたと思います。ただし、なにぶんゴンゾですから、時々やりすぎて本来のテイストを損ねる危険性が常に付きまとっています。逸脱しない所で留めてくれる事を祈りましょう。
まあー、アニメはともかくも、映画やドラマなんかだと原作なんてあって無きが如しなのが当たり前ではあるんですけどね。

ともあれ、葬式のシーンは何か見てて辛いなあ。ワクのパパさんがワクに似ているだけになお辛い。流石に問題児のコダマも式の間は余計な事言わなかった様で、そこは最低限の良心か。


一方、内閣官房調査室は彼らの秘密に関して何かを掴んだようで、ワクの遺体を調査しにやってくる。既に検死が終わって遺族に返還されていたみたいだけど、調書によると死因は水死でも落下の衝撃でもないとの事。水面に叩きつけられる前に既に死んでいた、しかし死因は全くわからない・・・。
「命だけが消えていた」という言葉は図らずもピンポイントで的を得てはいるんだけど、それを大人達が知るのはもう少し先の話でしょうか。


今回でゲームのルールは何となく見えて来た感じです。
注目はコモが父親にジアースの事を告げた伏線がこれからどうなっていくか、と言う点ですね。彼女の父は代議士なので、何らかのアクションがあるとは思いますが・・・。

http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50853352.html

ぼくらの 2 (2)ぼくらの 2 (2)
鬼頭 莫宏

小学館 2004-12-24
売り上げランキング : 28340
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ラベル:ぼくらの
posted by 黒猫 at 22:52| Comment(2) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 どうもこんばんはです、お世話になっております。

>なんつーか、皆比較的平気な顔で嘘をついているのがとても嫌な感じだな。

 これにはかなり違和感を感じましたね。『自分は手を下していない』という事実を、『自分が起こしたことではない』と解釈し、半ば他人事として割り切っているような節にさえ見えました。

>まあー、アニメはともかくも、映画やドラマなんかだと原作なんてあって無きが如しなのが当たり前ではあるんですけどね。

 まだアニメはマシな方なんですよね…そう考えると、原作を逸脱したという噂のドラマ・映画が如何に多いことか。

 それでは。
Posted by サトシアキラ at 2007年05月15日 00:08
サトシアキラ先生、どうもですっ!

>。『自分は手を下していない』という事実を、『自分が起こしたことではない』と解釈し

まさに、言い得て妙です。この突き放したような他人事感は原作のあの異常なまでに淡々とした雰囲気に通じるものがありますよね。


僕が初めて原作と映像との差を露骨に感じたのは、実はアニメではなく映画でした。
タイトルは「レッドオクトーバーを追え」だったか、原作にあるソ連艦隊と米艦隊との小競り合いがすっぱりカットされていて、何じゃこりゃー!と憤怒した覚えがあります。
最近だと愛読している大石英司氏の作品「神はサイコロを〜」がドラマになったってんで見てみたら、これまたなんじゃこりゃー!で(笑)
その辺に比べるとまだアニメはマシな方だと思ってます。

原作と違うから駄目とは言わず、極力良い所を探そうとはしていますが、時々監督が原作を全く知らないだろと突っ込みたくなる作品もちらほら・・・。

という訳でファミコンネタにも期待しております。
Posted by 黒猫 at 2007年05月15日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「秘密」
Excerpt: ぼくらの存在は・・・          |Λ:::/ |:::::::::|             =ミ_  /.::/   ̄`ヽ 、 _    |/  |:: ト、|  r、  ..
Weblog: ルーツ オブ ザ まったり!
Tracked: 2007-05-13 23:34

ぼくらの・第3話
Excerpt: 「秘密」 ワクが死んだ。怪物騒ぎが世間を騒がせる中、刑事は、少年たちに尋問をかけ
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-05-14 06:48

ぼくらの #3 「秘密」
Excerpt: コエムシが憎くなってきましたヾ(〃>_<;〃)ノ 1人無言で何を思っていることか・・・  ↓  ↓
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-05-14 08:42

ぼくらの 第3話
Excerpt: サブタイトル「秘密」   初めての戦闘の翌日、周囲の被害は予想以上に広がっていた。   子供たちが警察に聴取を受ける中、コモが真実を語り始めるが...
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2007-05-14 20:15

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。