2007年03月29日

神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック 大迫純一

「あの人・・・・・・」
マティアの言葉は、一つ一つの思いを噛み締めるようだ。
「あたしと同じだもん」

神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック
大迫 純一 BUNBUN

ソフトバンククリエイティブ 2006-08-10
売り上げランキング : 4306
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





2巻目のポリ黒です。
アニメも始まると言うのに赤は読んでません。
でも今回ラストの方でちょろりと赤の主役の名前が出てきたので、読んでもいいかなーと思います。
例によって例の如く何時になるかは未定ですけれども。

そんなポリ黒ですが、うん、今回も楽しめました。
1巻ではミステリー要素の方が強くて、あんまりライトノベルっぽくなかったんですが、今巻はなかなかラノベらしさが出てきたかなあ、と。
ただ、そのぶんミステリー要素は減少しましたね。
いや、ミステリー要素が減少したと言うよりも、謎を論理的に突き崩す本格ミステリー方面から、謎解きそのものよりも事件の背景やそれに関わった人々の心情を描くハードボイルド方面にシフトしたのかもしれません。
実際読了後のやるせない気持ちは、チャンドラーの作品を読み終えたときの感じに似てなくもないです。
個人的にハードボイルドは好きなジャンルなので、このスタイルで続いていって欲しいですね。


2巻目という事で、シリーズの伏線としてマティアとマナガの過去も、ただならぬ物を匂わせ始めました。
特にマティア。自分がキルアラと同じだと言うその根拠とは・・・?
いかなる素性で、いかなる経緯があって警察官になったのか、など非常に気になります。
この辺も含めて今後が大いに気になるシリーズ。
多分現行のシリーズものライトノベルの中ではかなり上位に食い込んでますね。僕の脳内ランキングですけども。


で、マティァのフルネームを一瞬「まちゃまちゃ」かと思った僕は万死に値しますね(汗)
posted by 黒猫 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(6) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37183838
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

サイレント・ブラック
Excerpt: 神曲奏界ポリフォニカposted with 簡単リンクくん at 2007. 3.14大迫 純一著ソフトバンククリエイティブ (2006.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-03-29 21:11

[大迫純一] 神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック
Excerpt: 現場に残された死体は、人としての原型をもっていないほどバラバラだった。 人間には不可能だけれど、精霊にしては不自然すぎる所業に悩みながら調査するマティアとマナガの前に、一人の容疑者が浮かんだ。殺された..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-03-29 21:24

神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラックのレビューらしき紹介。
Excerpt: 神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック大迫 純一ソフトバンククリエイティブ(2006-08-10)定価 ¥ 630Powered By Bookshelf Application 少女達..
Weblog: しがない日々の傷痕?
Tracked: 2007-03-29 21:57

神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック
Excerpt: 黒ポリ第2弾。白ポリが先に出て入手もしてたのだけど、こっちを先に呼んでしまった。相変わらず、黒はいいです。過去に色々あったのだろうが、そんなことは語らず、ただ黙って行動する。こうありたいものです。是非..
Weblog: 日々徒然なるままに
Tracked: 2007-03-30 00:07

『神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック』
Excerpt: 神曲奏界ポリフォニカposted with 簡単リンクくん at 2006. 8
Weblog: ■□■幻想庵■□■
Tracked: 2007-03-31 00:44

神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック
Excerpt: 生体工学の権威・ゴトウ・ヴァリエドが自宅で殺害された。 現場に残された死体はものすごい力で全身をバラバラに引きちぎられていた。だが、死体には精霊雷のあとがなく足跡もない。人間業ではない犯行、だが精霊が..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2007-03-31 12:07

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。