2007年03月25日

天保異聞 妖奇士 第24話

「後南朝幻想」


なら、私は異界へ行く


いよいよクライマックス、今回は一気に物語の謎が明かされました。他にも見所は沢山あり、ちょっと感想書きづらい位です。

まず、何よりも気になっていた西の者の正体。
彼らは南北朝時代の、南朝側の末裔であるそうです。うーん、噂では打ち切りにならず続いていたら、最後の敵は天皇陛下と聞いていて、おいおい天皇陛下はまずいだろ、去年週間金曜日が天皇を愚弄する寸劇やって、左翼の人にまで見捨てられた位だし、日本人にとっては右左問わず特別な存在なんだが・・・嗚呼、何と命知らずな。
とか長々と思っていたんですが、なるほどそういうことでしたか。でも確か朝霧の巫女もこんな感じのネタだったような・・・。

続いて妖夷。
妖夷とは「神」が地上に降臨する際に身に付けていた鎧の事。
そういや最初に戦った妖夷は山の神、次に戦ったのは鎧の妖夷だったっけ。「神」は既に神の世界=異界に帰られ、鎧だけが残った・・・。
で、その鎧を身に着けられるのは神だけ。
つまり妖夷を操る事が出来ればその者は神。
・・・えーと、ギャグですか??

で、そのギャグ理論に従ってアトルの呼び出した妖蝦に乗り込んで(文字通り乗り込んでる)神を気取る。往壓はハクになって戦いを挑み、見事神を倒すが・・・うわ、人間に戻りきれていない。
そこに追い討ちをかける様に裏切った江戸元が・・・!

いや、本当に凄い展開でした。次回でラストですが、どう〆るのか全く読めません。
ところで予告によると次回は"幕間"だそうです。
幕間・・・気になる言い方ですね。


天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 二天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 二
會川昇・BONES 錦織博 藤原啓治

アニプレックス 2007-03-28
売り上げランキング : 126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 黒猫 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(5) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36857317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

天保異聞 妖奇士 第24話
Excerpt: サブタイトル「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)」   アトルが作り出した妖夷を、自在に操る西の者。   彼らの正体と鳥居の思惑が、今明かされる!
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2007-03-26 05:53

天保異聞妖奇士説二十四
Excerpt: 「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)」 この世を拒んだアトルは巨大な妖夷を生み出す。
Weblog: 144分の1から
Tracked: 2007-03-26 17:51

天保異聞 妖奇士 説二十四「後南朝幻想」
Excerpt: 神の鎧…
Weblog: 瞳にアル世界
Tracked: 2007-03-26 21:37

天保異聞 妖奇士 第24話「後南朝幻想」
Excerpt: 説二十四「後南朝幻想」  アトルが異界から産んだ妖夷。 往壓は駁の姿に変わって戦うが… 妖夷とそれを操れる西の者の正体が明かされる――。 シリーズの全ての謎が明かされる急展開(汗) ..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-03-27 16:39

「天保異聞 妖奇士」に未萌を見る◆維新不遠 生天保之世 
Excerpt: 説二十四「 後南朝幻想 」 明王朝初代皇帝を尊敬していた日本国王が約束破ったのが一番悪いということかよ!!
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2007-03-28 23:05

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。