2007年03月09日

幕末機関説いろはにほへと 第22話

「北の邂逅」

待っておった。吾が同志よ。

うはwwすごい事になってきましたよ。
実質残り3話ですから、完全にクライマックスです。今までは史実の裏にはこんな事情が・・・という物語でしたが、前回辺りから史実改変に入った模様。もちろん大筋としては史実に忠実だと思いますけど。

函館病院で溌剌とはたらく赫乃丈。鉄之助はそんな赫乃丈に対して一人で大いに盛り上がっていますね(笑)。
でも、なんだろうな、何か違うんですよ。本来の赫乃丈のキャラって、多分1クール前半頃の姿の筈で、今の溌剌とした様には物凄い違和感を感じる。一度壊れた上に張りぼてを突貫工事で建てたというか、そんな感じ。すごく脆そう。

さて、いよいよ新政府軍の攻撃が始まりました。春を待って本格攻勢に出る前の前哨戦という感じではありますが、放置する訳には行かないので、榎本と土方が出陣となります。
その乱戦の中、前回上陸を果たした秋月が首を狙って乱入、榎本に切りかかるが・・・またしても赫乃丈登場。
こっそりと先生が連れてきていた様です。

二つの月涙刀が打ち合わされたとき、突如起こる大爆発。敵味方共に吹き飛ばされ、その場は互いに退く事で事態は収束。
で、先生がまたしても吹き込む吹き込む。赫乃丈の宿命は榎本を護り、蝦夷共和国を磐石にする事。秋月はまだ気づいていないが、彼の宿命もまた同じものだ・・・と。
キタキタキタ
やっぱり先生はこれ位胡散臭くないとね!
そして、春の決戦を前に榎本は武士達を、赫乃丈は民衆を、それぞれの手段でもってアジ演説ぶって煽動。


うーん、先生の目的って結局蝦夷共和国の支配者になることなの?何かこの段階に来てもイマイチ目的が見えてきませんねえ・・・。





posted by 黒猫 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(14) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

幕末機関説 いろはにほへと 第22話
Excerpt: 第22話「北の邂逅」 [岩陰]_・。) ジィーーーッ・・・   オ、オレの出番は次こそあると信じて良いの? by左京之介 無事に蝦夷の地に立つことが出来た燿次郎は土方と別れ、首を求めて..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2007-03-09 17:12

いろはにほへと 第二十二話
Excerpt:     「北の邂逅」感想。     耀次郎は副長と共に函館到着。そんな刺客っぽい
Weblog: ビヰドロ記
Tracked: 2007-03-10 00:32

幕末機関説 いろはにほへと 第22話「北の邂逅」
Excerpt: 『月涙刀よ 答えてくれ 教えてくれ・・・ 我が宿命の真なるをっ!!』 再び対峙する耀次郎と榎本さん!! そして耀次郎の前に立ち塞がる赫乃丈っ!! 本日より第22話 配信開始です! 感..
Weblog: WONDER TIME
Tracked: 2007-03-10 01:05

幕末機関説 いろはにほへと #22 「北の邂逅」
Excerpt: 鉄之助がポポッ♪(//・_・//)カァ〜ッ… 箱館病院にて手伝いをする赫乃丈と 手が触れ合い顔を赤くする鉄之助のウブさが可愛いですね^^  ↓  ↓
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-03-10 10:25

幕末機関説いろはにほへと#22 洗脳?
Excerpt: 幕末機関説 いろはにほへと 巻の三バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る さあ 上陸を果たした秋月  しかし そのマスクは何?   忍者ですか?   顔を隠しているのかもしれませんが 却って目立..
Weblog: 物語を食べて生きてます
Tracked: 2007-03-10 10:59

「幕末機関説いろはにほへと」第22話
Excerpt: 第二十二話「北の邂逅」(3月23日正午まで配信)蝦夷を平定し、新国家設立の野望を抱く共和国政府の背後より、春を待たず新政府軍の奇襲作戦が開始される。総攻撃前の陽動作戦かと、いきり立つ共和国幹部たち。榎..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2007-03-10 12:18

幕末機関説いろはにほへと第22話「北の邂逅」
Excerpt: 土方歳三拉致計画!? 拉致が目的だったんですか??捕まえたかったの? 人気者な土
Weblog: こしょぞうさんの叫び
Tracked: 2007-03-10 13:10

幕末機関説 いろはにほへと 22「北の邂逅」
Excerpt: 箱館に無事帰還した土方。そして耀次郎も無事蝦夷の地に上陸です。土方との再会もそこそこに雪の中を行く耀次郎は寡黙ですねぇ。見つめる先には五稜郭。 新政府軍の奇襲作戦には榎本・土方が出張ってきました。や..
Weblog: はざまの欠片
Tracked: 2007-03-10 17:43

『幕末機関説いとはにほへと』#22
Excerpt: == *第22話「北の邂逅」 == 土方さんと共に、蝦夷に到着した秋月。 秋月怪しい覆面してます。口元だけ隠しても… === 「お互い刃を交えるようなことにはなりたくないものだな」 === あ..
Weblog: ジャスタウェイの日記
Tracked: 2007-03-10 19:57

幕末機関説 いろはにほへと 第22話「北の邂逅」
Excerpt: 赫乃丈が榎本側についてしまった・・・ あの最後の演劇の格好はなんでしょうか、格好
Weblog: 超・戯れ言
Tracked: 2007-03-10 20:52

いろはにほへと 21話&22話
Excerpt: 手毬唄をちょっとひろってみました六つ 迎えにこぬ母に七つ ナイショで恨みごと八つ 山姥こぬうちに九つ 子を捨て山越えて十で 鬼子になりもした全部左京之介に当てはまってもおかしくななぁでも「鬼子」は・・..
Weblog: ネコのあしあと
Tracked: 2007-03-11 01:05

幕末機関説 いろはにほへと/22話 北の邂逅
Excerpt: 蝦夷を完全に手中にしたかに見えた共和国政府だが、 松前藩士達に先導された新政府軍に北より攻撃を受ける。 この攻撃に対し榎本武揚は自ら兵を率い、排除することを宣言。 一方、函館で一座を旗揚げした赫..
Weblog: てけと〜な日記
Tracked: 2007-03-11 16:52

幕末機関説いろはにほへと 第22話『北の邂逅』
Excerpt: 己が宿命を知るとは。 赫乃丈は榎本と蒼鉄の傀儡。 首を護る為の道具。 もう一振りの月涙刀をも導け。 その言葉に踊らされているのか。 真の宿命なのか。 赫さんのお馬鹿さんっぷりには、ホント脱力致しまする..
Weblog: そんなん、アカンやん。
Tracked: 2007-03-14 00:26

いろはにほへと 第22話「北の邂逅」
Excerpt: いろはにほへと(第22話「北の邂逅」)
Weblog: エンドレス・ナイトロード
Tracked: 2007-03-18 07:59

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。