2007年02月12日

悪魔のミカタ (2) インヴィジブルエア うえお久光

面白いじゃない





悪魔のミカタ 2 インヴィジブルエア



えーと、1巻とは豪く雰囲気が違います。
いやもちろんコウの立ち位置とかに関しては同じなんですが、1巻が殺人事件を絡めてミステリー調だったのに比べて、今回はモノの姿を消せるスプレーを使った頭脳戦がメイン。
それ以外の点でも、舞原姉が何か怖い事になっていたり・・・というか舞原家自体が物凄く黒く感じられたり、「立っていては立つ事はできないのだ」だったり(笑)、やや電波要素が強くなっています。


ミステリー云々に関しては、作者はあとがきでこれはミステリーだと書いてますけど、広義の意味ではミステリーの要素もそりゃあります。
でも、ミステリーと言う言葉から大抵の日本人が思い浮かべるであろう「本格派」を基準にしたら、全然ミステリー違うやんって話で・・・。
ま、僕自身そんなにミステリーにこだわりが無いので、作者がミステリーと言うのならそれで別に異存はありません。


で、今回のメインとなる、「姿を消せる」スプレーを活用したバトル。何か無駄に熱いな。
この雰囲気どこかで見たことがある・・・と、言う事で考える事暫し。そうだ、ジョジョのスタンドバトルに近い。
魔法のアイテムの力を、知恵で最大限に活用して相手の裏を掻く。知恵をめぐらせ 頭を使え♪ですよ。
いや本当に、物体を透明にするというワンアイデアから、よくここまで応用の幅を広げたもんだなあと。
流石に最後の方で菜々那が使った技?は、やりすぎと言うか、なんつーか。「知恵の実は進化する」というルールがあるのでアリと言えばアリなんでしょう。
でもこういうのってある意味、強さのインフレに陥りかねないので、あまりやって欲しくは無い。

内容自体もやや作者が遊んでいるなという雰囲気ですが、文章もやっぱりはっちゃけ気味。今こうしてシリーズとしての高評価を知った上で遡るぶんには、こんなのもあるんだという感じですが、当時リアルタイムで読んでいたら・・・投げ出しいてたかもしれない(汗)

悪魔のミカタ・魔法のカメラ感想
悪魔のミカタ・パーフェクトワールド平日編感想
悪魔のミカタ・パーフェクトワールド・休日編感想
悪魔のミカタ・グレイテストオリオン感想
悪魔のミカタ・・ストレイキャットミーツガール感想
悪魔のミカタ・ストレイキャットリターン感想
悪魔のミカタ・It ドッグデイズの過ごしかた感想
悪魔のミカタ・It ドッグデイズの終わりかた感想




posted by 黒猫 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。