2007年02月06日

ジョン平と去っていった猫 大西科学

『うん、ま、それが一番だよ、きっと』









前巻の欠点だった構成のまずさに関してはかなり改善されていると感じました。特に前巻気になった、文章の不統一感ですが、今回は一文が長い文章に統一されたので纏った感じこそ出たものの、所謂ラノベの、改行が多くてテンポ良く読める文章じゃなくなっています。
僕はそれほど気にならなかったのですが、駄目な人は駄目かもしれません。

それで、その構成なんですが、起承転結に忠実になっていて、前巻の、前半分と後ろ半分でまるっきり雰囲気が違うというちぐはぐ感はなくなっています。決して奇をてらわないストーリー展開とも上手く噛み合っていると思いますし、エンダーが実はなかなか使い手(魔法&格闘)だってみたりと、ポイントはしっかり押さえているのは好感度高し。物語の締め方に関しても余韻の残る締め方で個人的には気に入ってます。


ただ、これは贅沢かもしれませんが、あまりに基本に忠実すぎて、先の展開が見えてしまうというのはありますね。
この作品に流れるゆるい空気にはこの位で丁度いいと言えば、丁度良いんですけどね。


ところで寧先生は本業が国家公務員なのに、今回の事件に首突っ込むのはちょっとマズくないか?という気がしましたが。普通ああゆうのって国が絡んでますよねぇ。(だから陰陽庁クビになったのか?)


確実に上手になっているのが読んでいてちゃんと伝わって来るので、多分次の巻も買うと思います。勿論エンダーの大活躍に期待です(笑)。


posted by 黒猫 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジョン平と去っていった猫
Excerpt: ジョン平と去っていった猫posted with 簡単リンクくん at 2006.12.17大西科学著ソフトバンククリエイティブ (2006.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワ..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-02-08 01:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。