2007年01月31日

魔法少女リリカルなのは 第8話

「それは大いなる危機なの?」


母さんの事、悪く言わないで。

6、7話と続いてきた流れが一段落した感のある今回。
流れとしてはフェイトのひたむきさに気圧されて、どこか及び腰だったなのはが対決に向けて覚悟を決めるというもの。
現時点ではフェイトの背景はまだなのは達に知られていませんが、なのはの性格だと知らないほうが良い様な気もします。

で、やっとユーノが人間形態に戻りましたね。第一話以来か・・・。
なのは達と温泉に入ったりアリサにあんな事やこんな事やその他ものごっつい(以下自粛)事されていたのがうらやましかとです。
この精神的苦痛に対して謝罪と賠償を・・・体で払ってもらおうか。


それにしてもフェイトすらクロノ・・・と言うか、時空管理局が出てきたら明らかに動揺していましたが、時空管理局ってそんなに恐ろしいのか?
ブサイクなアーガマもどきの戦艦に乗って、指揮官は親子で、微妙な組織に思えるんですが?
2期のアースラは見るからにカコイイし、アルカンシェルの破壊力ハンパないし、あれなら確かに恐ろしいですが。
そういやアルフも取り乱し気味でしたね。でも今回ようやくアルフのフェイトに対する気持ちがわかった気がします。
しかし、そんなアルフに対して、最初時空管理局と知った時は動揺しまくっていたフェイトも、後半では覚悟を決めた模様です。
ドキソな母に対して、どこまでもまっすぐなフェイトの気持ち・・・泣けます。
何てシナリオ書くんだようう・゚・(ノД`)



ところで今回、久々に作画が良かったですね。
絵の密度はほどほどですが、デッサンが物凄くしっかりしていて、左右がずれた麻生外務大臣(゜凵K)顔が殆ど無かった。堅実に良い仕事してます。







posted by 黒猫 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32524023
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

魔法少女リリカルなのは「それは大いなる危険なの?」
Excerpt:         ̄二ニ=.、,  丶、  _____        /     ` ー  ´       `丶、    _, -‐´       , ‐-   ...
Weblog: ルーツ オブ ザ まったり!
Tracked: 2009-06-18 19:14

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。