2007年01月12日

幕末機関説いろはにほへと 第14話

「北へ」


この日本国のために、あれが必要なのです。

お正月に纏めて見た前半戦一挙配信が面白かったので、定期記事書くことにしました。マイナー作品なので知らない人いるかも知れないので一応書いておきますと、Gyaoで独占配信中の幕末動乱期を舞台にしたアニメです。

さて、今回から後半戦突入なのですが、物語のほうはちょっと小休止と言った感じです。総集編じゃないだけまだマシですが。
覇者の首にとり憑かれた榎本率いる幕府艦隊は品川沖を出向して一路北へ。
史実では確か仙台に立ち寄って土方歳三達と合流するので、まだ蝦夷地到着は先の事だと思います。

旗艦開陽丸には蒼鉄先生も乗り込んでおり、それを追うように秋月もまた陸路北を目指します。更にその秋月を追って北を目指す赫乃丈・・・今回で一座は解散となりましたが、また復活はあるんでしょうか。それともキャラクターが増えてきたのでリストラされたとか?

一方神無はと言うと、いつの間にか前回登場したイギリスの特殊部隊を率いる指揮官になってます。彼は日本人でもイギリス人でもない微妙な立場で行ったり来たりしていた訳ですが、イギリス人として生きていく覚悟が出来たのか。単にパークスの甘い言葉に乗せられただけか・・・。

この特殊部隊の面々、まだ台詞も少なく名前すらはっきりしませんが、全員なかなかの使い手・・・と言うか、ちょっと人の限界を超え気味の方たちだなこれは(笑)。メガネ+ツインテールというヴィジュアル的に素晴らしく一撃必殺な部隊員もおられますし、いわゆる使い捨てキャラとも思えません。どうやら後半はこの連中がレギュラーになる・・・といいなあ。
で、部隊の制服がザフトの制服に見える件に関してはスルーしておきます。

いやあしかしパークスのヘンな喋り方萌えますなあ、ハハッ。


なお、蒼鉄先生ですが、彼は覇者の首がこの国のために必要だと言い、目的は世界に冠たる国にするためだと言う。確かに長い鎖国と財政の行き詰まり等で閉塞感ばかり高まった江戸末期、しかも欧州勢の魔の手が徐々に迫りつつある状態では、一度全部ひっくり返したなる気持ちも判りますが、しかし彼のやろうとしている事は、名目はともかく内戦の激化です。一歩間違えば国そのものが疲弊し、欧州勢の侵略を易々と許してしまう事になりかねない訳ですが、あの余裕の態度。一体何を根拠にあんな無茶な筋書きを書けるのやら。


さて、次回は何故か日光が舞台みたいです。赫乃丈の秘密が明かされそうな予感。






ラベル:アニメ
posted by 黒猫 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(14) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

幕末機関説いろはにほへと #14 遊山髪型マイナーチェンジ
Excerpt: 今回は前回盛り上がった反動の谷の回ですね。  盛り上がる為の下準備 金髪ガンマン  幼少期日本からもイギリスからも疎まれていたんですね   そのためパークスの甘言にあっさり落ちた    求めるは た..
Weblog: 三十路のオタク日記
Tracked: 2007-01-12 21:56

幕末機関説いろはにほへと14話 北へ
Excerpt: 茨木蒼鉄の思惑により、破邪の首にとりこまれた榎本武楊 率いる旧幕府艦隊は進路を北
Weblog: とれもーるの雑談
Tracked: 2007-01-12 22:17

いろはにほへと #14 北へ
Excerpt: 実はいろはは一番、どきどきするのは予告を見てから、翌週(たまに、いや度々、私は翌...
Weblog: ひねもす のたり のたり かな ver.2
Tracked: 2007-01-12 22:18

幕末機関説 いろはにほへと 14「北へ」
Excerpt: ようやく続きが見られて嬉しい限り。 榎本率いる旧幕府艦隊はひたすら北へ。でも最終目的地はまだ内緒のようです。覇者の首の力でしょうか。榎本武揚、やけに自信に満ちた演説をしております。 これはやっぱり..
Weblog: はざまの欠片
Tracked: 2007-01-12 22:24

幕末機関説いろはにほへと 第14話「北へ」
Excerpt: {{{: '''第14話「北へ」''' 尊い犠牲の元、一座念願の仇討ちは遂に果たされた。 仲間を失った哀しみを乗り越え、一座は、それぞれの道を歩き..
Weblog: 七転び八起き妄想日記
Tracked: 2007-01-12 23:11

幕末機関説いろはにほへと・第14話『北へ』
Excerpt: 男達は信じる国と自らの命運を掛けて 女達は信じる男に掛けて それぞれの運命は北へと大きく漕ぎ出した。 目指すは榎本武揚。覇者の首の宿主。 それらを追う耀次郎を、左京之助が、赫乃丈が追う。 「毒キノ..
Weblog: そんなん、アカンやん。
Tracked: 2007-01-13 03:39

「幕末機関説いろはにほへと」第14話
Excerpt: 第十四話「北へ」(1月26日正午まで配信)尊い犠牲の元、一座念願の仇討ちは遂に果たされた。仲間を失った哀しみを乗り越え、一座は、それぞれの道を歩き出そうとしていた。一方、またしても「覇者の首」封印を果..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2007-01-13 05:28

幕末機関説 いろはにほへと #14 「北へ」
Excerpt: 毒キノコの見分けがつきにくいと言っていましたが・・・ 明らかに見分けがつきやすそうなイボイボ毒キノコです聖天様(><) ・・・こんな風に見分けがつきやすいと 耀次郎もきっと苦しい思いをしない..
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-01-13 09:47

幕末機関説いろはにほへと第14話「北へ」
Excerpt: 2週間ぶりのいろは、オープニングの渋いナレーションが無くなってた。好きだったのに
Weblog: こしょぞうさんの叫び
Tracked: 2007-01-13 11:23

幕末機関説 いろはにほへと/14話 北へ
Excerpt: 2クール目に突入した「幕末機関説 いろはにほへと」 冒頭のセリフ無くなったのですかね?アレ結構好きでしたのに・・・。
Weblog: てけと〜な日記
Tracked: 2007-01-13 13:33

幕末機関説 いろはにほへと 第14話
Excerpt: 第14話「北へ」 「約束しよう。死より意義ある生を諸君らに!      絶望より希望を諸君らに!必ずや!」 榎本武揚の開陽丸は北へと出航。 蒼鉄も洋装ですよ! 「私の望みは唯一つ。世..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2007-01-13 13:53

「幕末機関説 いろはにほへと」 第十四話「北へ」
Excerpt:  榎本艦隊と行動を共にする蒼鉄。耀次郎も、彼らを追って旅立つ。そして赫乃丈は一座
Weblog: 時代伝奇夢中道 主水血笑録
Tracked: 2007-01-13 19:07

『幕末機関説いとはにほへと』#14
Excerpt: == *第14話「北へ」 == OPが少し変わってましたね〜 座長の刀が光ってました。なにやらあっちの刀も意味ありげで。 先生は和服から、洋服へと変わってました。 もうすっかり、世界を見通して..
Weblog: ジャスタウェイの日記
Tracked: 2007-01-13 20:45

幕末機関説 いろはにほへと 第14話 『北へ』
Excerpt: 雨に濡れる耀次郎が美人(*´д`*) 榎本艦隊は北へ。 「死より意義ある生を――」 ※ネタバレあり
Weblog: ティンカーベルをください
Tracked: 2007-01-14 03:35

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。