2007年01月07日

私が殺した少女 原りょう

「人間のすることはすべて間違っていると考える方がいい。すべて間違っているが、せめて恕される間違いを選ぼうとする努力はあっていい」



久しぶりの沢崎シリーズ。国産の固ゆでジャンルでは古典に入れてもいい作品ですが、それ以前に日本では固ゆでを誤解している方が少なくないのもまた事実。暴力とエロスで有名な「黒豹シリーズ」の帯にハードボイルドとか平気で書いて売っていますからね。そもそもハードボイラーな主人公は国家公務員なんて親方日の丸な生き方はしねえよ、と。


本書は僕にとってそして夜は甦るに続いて2冊目の沢崎となる訳ですが、一読した感想としては・・・ちょっと微妙。具体的に挙げると。前作にあった沢崎の孤独感の様な物がかなり失われている事、登場人物が多い割に存在感のある人物に欠ける事、渡辺、橋爪の因縁コンビの出番が少ない事・・・などなど。

特に人物周りの寂しさは大きくて、前作に登場した諏訪の様な沢崎に負けず劣らず孤独な存在が不在な事。更に過去の亡霊のように付きまとう渡辺や、渡辺に絡んで現在の沢崎を悩ませる橋爪と言った、沢崎を精神的に追い込む存在の影が薄くて、沢崎の

「崖っぷち。でも生きている。・・・べ、べつに、つ、つつ強がりなんかじゃないんだい!ささ、寂しくなんか無いんだからね!」

という固ゆで精神(笑)までもが希薄になっている事。
で、結局普通のミステリー調になってしまっています。しかしミステリーとしても最終章でのひっくり返しに至る経路が曖昧で、言いたい事は判るけどそれって強引じゃあ・・・という感想しか持てませんでした。
直木賞受賞作らしいですが、僕的には辛い評価です。






タグ:書評
posted by 黒猫 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30983010
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。