2006年11月08日

地獄少女 二籠 第5話

「地獄への暴走」


楽しい?

捻った話の多い二期にあっては多分比較的一期序盤〜中盤頃のノリの話。
地獄に行くべき者が地獄に行ったとという点では綺麗に落としたと思います。
ただ後味が良いかというと、微妙。

山田麗音というドキソに目を付けられ、殴られたり金を巻き上げられたりしているキモオタ少年の俊。今回のターゲットはもちろんドキソの麗音です。
なんでしょう、この依頼人の俊という少年に全く感情移入できません。
自分のことを「みども」とか言ったり、語尾に「〜ござる」とか付いた変な言葉を操る時点で逝っちゃってます。
一方ターゲットのドキソはというとこれまた救いがたい阿呆です。ぶっちゃけ、両方氏ねよと。

麗音には好きな女の子がいました。しかし相手はお嬢様。自分とは住む世界が違うとただ陰から見ているだけ。ドキソの癖にこういう所だけ純なのはムカツキますね。一応麗音としては、泉に告白して、所属している暴走族からも正式に抜けたいと考えているようですが、それを知った賊の先輩は麗音をリンチにかけ、更には泉にも危害を加えようとしている。どうしようと悩む麗音は、コンビニでオタク少年俊とその仲間達の立ち話を聞いてしまう。その内容とは、麗音に復讐しようと地獄通信にアクセスしたけど、自分も地獄に落ちるのは割に合わないのでキャンセルしたというものです。
実に賢明な判断ですね。
ところが浅はかな麗音は俊を締め上げて地獄通信にアクセスさせ、例の先輩を地獄に…という展開。ラストでちょっとしたひっくり返しがあり、終わってみれば一番得したのは間違いなく俊です。
それにしてもヤン車が紫色で竹槍マフラーで、エアロが昔のGTカータイプで、一体何時の時代の暴走族だよと。それ以前に未だに暴走族なんかいるのかと。

いつもながら輪入道が渋いです。退廃的で自己中心的な人間が増えた現代を見て嘆くのは、何時の時代でも年寄りの習性なので置いておくとして、きくりに絡んでいたチンピラをあっさりしばき倒したシーンは格好良かった。反面「男前」の時みたいなおちゃめな面は見れなかったのがちょっぴり残念。

なお今回の一番のポイントは間違いなくお嬢の

なめんなよ、タコ

ですね。一体何処でそんな言葉覚えたのか…。


ラベル:アニメ
posted by 黒猫 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(32) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄少女 二籠 第05話 地獄への暴走
Excerpt: お嬢が竹槍ヤン車にハコ乗り。 船に乗り換えたら「なめんなよタコ」と口調までヤンキーだし。 もう最高だよあんた。どこまでもついていきますよ。 アニメ柄の目覚まし時計? やべぇ・・・こいつはア..
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2006-11-08 20:48

地獄少女 二籠 第五話 「地獄への暴走」
Excerpt:  オタクの宍戸俊は ある不良に、  たびたび暴力を振るわれ、金銭を奪われていた。  その、名前も DQN (ドキュン)な真性 DQN 、  山田麗音(やまだ・れおん)にもただひとつ、  純..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-11-08 20:52

地獄少女 二篭 第5話 地獄への暴走
Excerpt: 地獄少女 二篭 第5話 地獄への暴走 パラララパラララパララン♪姉さん風あいちゃんキターッ!!橋爪「そんな!助けてくれよ!」あい『ナメンナヨ、タコ』ぐふふふっふふふふ超かわいい。腐った話の中で輪入道の..
Weblog: PEN:PENの雲外蒼天
Tracked: 2006-11-08 20:55

地獄少女 二籠 5話レビュー
Excerpt: 馬鹿と屑とカスのオンパレード。ちなみに恐らく救いなんかないから。 しかし、既に恨みでもなんでもないことになってます。地獄通信に繋がる条件ってのも、もういい加減何でもアリになってきました。結局何が..
Weblog: Kazu'Sの戯言Blog(新館)
Tracked: 2006-11-08 21:09

地獄少女 二籠 第5話「地獄への暴走」
Excerpt: ここまで痛いチンピラはそういないなぁ(苦笑) コンビニ店員におでんを投げつけるとか普通じゃ考えられません。 それにしても今回は輪入道が渋いですね。 しかし今回は世の中が腐ってるという..
Weblog: おもちやさん
Tracked: 2006-11-08 21:12

地獄少女 二籠(5)
Excerpt: [アニメ 地獄少女 二籠 第五話 「地獄への暴走」] 地獄に仏、いや、地獄に菩薩 それを言う為の一話でしたか。 人間界が地獄と同じになってしまったら、あいは仕事がなくなって解放されるのかもし..
Weblog: 王様の耳はロバの耳2.0
Tracked: 2006-11-08 21:22

地獄少女 二籠5話「地獄への暴走」
Excerpt: あ、あいちゃん、ヤンキー化!?
Weblog: ライトニングソルジャー
Tracked: 2006-11-08 21:22

地獄少女 二籠 第5話
Excerpt: 「地獄への暴走」 あいちゃんが「なめんなよ」っつった(驚愕)!! 今回はまたえらく不細工な上、性格に問題ありまくりなのが出てくる回でしたね。 最初の依頼人予定者はオタク君。 語尾に「ご..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2006-11-08 21:24

地獄少女 二籠 第05話 「地獄への暴走」
Excerpt: 「地獄は本当にあるよ…w」 恐すぎ…ww
Weblog: 竜人イグニール
Tracked: 2006-11-08 21:47

地獄少女 二籠 5話
Excerpt: 今回の地獄少女 二籠は、小心者ヤンキーによる先輩ヤンキーへの復讐。そして自業自得の哀れな末路。輪入道の目を通してマナーについて考えさせられる話でもありました。依頼者を千葉一伸さん、ターゲットを小野坂昌..
Weblog: ホビーに萌える魂
Tracked: 2006-11-08 22:03

・・・学校でぶたれてケガしたなんて言ったら・・・・・・おかあさん泣いちゃうよ・・・
Excerpt: >>地獄少女二籠 第五話「地獄への暴走」 今日のテーマ:積極的侵食と消極的枯渇、或いは性善説と性悪説。
Weblog: Je pense, donc je suis.
Tracked: 2006-11-08 22:36

地獄少女 二籠 第5話
Excerpt: サブタイトル「地獄への暴走」   新たな”依頼者”は、粗暴な行いを続けていた男。   彼の運命は?...
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-11-08 23:02

地獄少女 二籠 第五話
Excerpt:  オタクからカツアゲをする麗音。その麗音は先輩・力也に頭が上がらない。なのに密か
Weblog: ぶろーくん・こんぱす
Tracked: 2006-11-08 23:09

地獄少女 二籠 5話 「地獄への暴走」
Excerpt: 小野坂さんのチンピラがかなり良かったです。 声を聞いたらすぐに分かるはずなのに最後まで全然気づきませんでした。 「ラジオ」の小野坂さんも良いですが、やっぱ「役者」の小野坂さんも良いです。 脚本 ..
Weblog: アニメーションという表現媒体
Tracked: 2006-11-09 00:11

地獄少女 二籠 5話「地獄への暴走」
Excerpt: きくりってば、ハサミで彼岸花を切って、遊んでるよ。 あーあ、花畑がボロボロだ。 本当きくりの行動は、無邪気なのか悪意あるのか、良く分からないよ。 宍戸俊(CV:柿原徹也)は、地獄通信に書き込..
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2006-11-09 00:34

地獄少女二籠第5話「地獄への暴走」
Excerpt: ? オタクの少年宍戸俊は、不良の山田麗音(レオン)に恨みを抱いていたので、地獄通信にアクセス し名前を書き込んだが、地獄に堕ちる事を知っていたので書き込むことが出来ずうなだれた。翌日 俊は、地獄通..
Weblog: アニメのストーリーと感想
Tracked: 2006-11-09 00:55

地獄少女 輪入道カッコエエ(≧∇≦)
Excerpt: 今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 三者三様…(ノ ̄□ ̄)ノ┻..
Weblog: zenの日記
Tracked: 2006-11-09 02:01

地獄少女 二籠 第5話「地獄への暴走」
Excerpt: 第5話 「地獄への暴走」   ねぇ、知ってる? あるよ…。地獄は本当にあるよ――。  ターゲットも身勝手なら依頼人も身勝手。 地獄に送る相手が多すぎです… 世の中..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2006-11-09 02:40

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第5話 「地獄への暴走」
Excerpt: 地獄少女 オリジナルサウンドトラック 二/アニメサントラ 山田麗音にイジメられている少年、宍戸俊は地獄通信のアクセスを試みるも、名前の送信が出来ずにいました。そんな彼の身辺を調査する一目蓮や..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-11-09 03:27

地獄少女 二籠 第五話 「地獄への暴走」 感想
Excerpt: 輪入道は、本当に男前でした!! 渋い、渋いよ。 輪入道さん! 今回は、依頼者や登場人物があれだっただけ余計に… 先週は、お守り役なんて言ってすいません。
Weblog: 日々の徒然言
Tracked: 2006-11-09 03:34

地獄少女 二籠 第5話
Excerpt: 『地獄への暴走』 「地獄通信参上だコラ…」  今回は下調べ(ネタ合わせ)ができてなかったはずなんですがw ぶつけ本番でも、地獄通信の コントはスベリ知らずwww 個人的には、トップクラスの笑いが..
Weblog: ACGギリギリ雑記
Tracked: 2006-11-09 03:39

地獄少女 二籠 第5話
Excerpt: [チンピラ少年麗音にいやがらせを受けていたヲタク少年が、地獄少女にアクセスしようとして、いつも踏みとどまっていた。その様子を見て、輪入道は下調べをするが、なんとアクセスしてきたのは、その麗音本人だった..
Weblog: ルナティック・ムーン
Tracked: 2006-11-09 07:21

地獄少女 ニ籠・第5話
Excerpt: 「地獄への暴走」 地獄通信へとアクセスする青年。彼は、ある男をターゲットにしたい
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-11-09 09:37

地獄少女二篭 5話「地獄への暴走」感想改訂版
Excerpt: 相変わらず、きくりは無邪気な残虐衝動を全開オーヴァーロード。彼岸花をざっくざっく気持ちよく撫で斬り☆ しかし、夜なべした小袋を粉砕されても怒らなかったあいさんは、そんな姿ですら愛しげ。まぁ三藁が..
Weblog: 月の砂漠のあしあと
Tracked: 2006-11-09 18:59

地獄少女 二籠 5話「地獄への暴走」
Excerpt: そんなチンピラな麗音でしたが、彼がいなかったら まさに無関係の女性が悲惨な目に遭ってたわけで。 彼はいいことをしたよと思います。 だからといって、今までの行為が帳消しとはなりませんが
Weblog:   こころに いつも しばいぬ
Tracked: 2006-11-09 20:48

地獄少女 二籠 第5話「地獄への暴走」
Excerpt: ■先輩うぃ〜すっ!! 今回も地獄少女の記事、オレが特攻隊長になって武露愚に書きますんで夜露死苦っす!!  というわけで地獄少女第5話でございます。暴走族?が登場する回だから「地獄への暴走」という..
Weblog: アニメのせまくてあさい森
Tracked: 2006-11-09 20:53

「逃げた!」「おっとこっちはバイクだぜ」「麗音!危ね…」ゴシャッ
Excerpt: . . . . . 地獄少女二籠 第5話「地獄への暴走」。今回はすごく良かった
Weblog: Le mouvement premier
Tracked: 2006-11-10 01:13

地獄少女 二篭 第5話
Excerpt: 地獄少女 二篭 土曜 19:30 アニマックス  第五話「地獄への暴走」 11/4 放映    「いやはや、ほ..
Weblog: あにたむ素兎亭・新館
Tracked: 2006-11-10 21:37

地獄少女二籠第5話感想
Excerpt: 地獄少女二籠#5「地獄への暴走」 おたく青年とヤンキー共の、まったくもうしょうが
Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
Tracked: 2006-11-10 22:43

アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第五話「地獄への暴\走」
Excerpt: 提供絵は、きくりちゃんでした
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-11-11 01:16

地獄少女 二籠 第05話 「地獄への暴走」
Excerpt: アレ? オタク君を出した意味ってあったの…?
Weblog: ブログ 壁
Tracked: 2006-11-12 03:04

地獄少女 二籠 第5話感想
Excerpt: 「人を呪わばアナ二つ……」 「アナ?  アナって何のアナだー!?」  先週、今週は、輪入道の存在感がありましたね……。 第五話「地獄への暴走」
Weblog: 少年カルコグラフィー
Tracked: 2006-11-15 17:41

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。