2006年10月14日

とらドラ!/竹宮ゆゆこ

とらドラ!


ネットでの評判を見て以前から読んでみようと思っていたとらドラ!、やっぱり評判どおりの面白さでした。
ライトノベルですが、魔法バトルも世界要素もありません。終始一貫してスプラスティックなラブコメです。
ヒロイン大河のエキセントリックさが、巷に溢れるツンデレとは一線を画して鬼気迫るものがあります。
まだ一巻なので大河の素性は良くわかりませんが、どこかのお嬢様という感じですね。小柄で、エキセントリックで、ゆるいウエーブのかかった髪型で、主人公を犬呼ばわりして、何となくゼロの使い魔のルイズ嬢と被っている部分がありますが、主人公の竜児が才人と違って卑屈じゃないので作品から受ける風味は随分違ったものになっています。
ツンデレは相方次第で様々なパターンに変化するんですねえ。

内容は互いの親友に恋した同士が、すれ違いやら勘違いやらの果てに少しずつ互いを意識し始めると言う黄金パターンなんですが、互いに惹かれていく過程の描写が丁寧で唐突な感じはありませんし、展開は波乱含みでドキドキします。
「・・・●×事件の起こる前の私達に戻ろ」のくだりは色々思い出させてくれました。
ああ、まだ打算や下心抜きで人を好きになれた頃が懐かしい・・・。
ラスト辺りはほろりとしましたよ。心が洗われる様だ(笑)。

最近ラノベの実写ドラマ化がぽつぽつありますが、これなんか結構ドラマ向きの素材かも知れません。土曜9時の日テレドラマあたりが似合いそう。



posted by 黒猫 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(3) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

とらドラ!
Excerpt: とらドラ! 竹宮 ゆゆこ〔著〕 メディアワークス(2006.3)オンライン書店bk1 | Amazon.co.jp 目付きが悪く不良と間違えられることが悩みの“普通の少年”高須竜児は、とあるアクシデン..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2006-10-16 12:27

(書評)とらドラ!
Excerpt: 著者:竹宮ゆゆこ とらドラ!価格:¥ 536(税込)発売日:2006-03 目つ
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-10-18 14:23

とらドラ!
Excerpt:  桜舞う四月。高校二年。新しいクラス。  目つきは悪いが普通の子、高須竜児は、ちっちゃいのに凶暴獰猛、“手乗りタイガー”と恐れられる逢坂大河と出会う。そして彼女の知ってはいけない秘密..
Weblog: ライトノベルの箱詰め。
Tracked: 2006-10-18 14:42

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。