2006年10月10日

超・超・大魔法峠/大和田秀樹





アニメが個人的にツボだったので原作のほうも読んでみました。

アニメ版と違って絵が時々劇画調になりますが、それがまた面白いですね。時事ネタをアクセント程度に挟みつつ黒いギャグで笑わせてくれます。偽メール懐かしいなあ・・・。
一日署長で独裁を布いたり、サンタクロース(武闘派)にビクトル式回転膝十字を伝授してもらったり、ぷにえのお母さんが地上に降臨したりとバラエティに富んだ展開で飽きません。
個人的には野球の話1P目の姉御さんが良いです。下着黒ですよ黒。ヒョー。

パヤたんの時々フラッシュバックする過去も気になります。ベトナムとかスターリングラードにいた経験があるようで・・・ノーラッド司令官とも知り合いみたいですし。そういえばアニメOPでも独ソ戦と思われるカットがありましたね。
パヤたん主人公で、小林源文調の戦場漫画とか見てみたいです。

全体として面白かったんですが、穴掘りエリィの出番が少なかったのがちょっと不満ですか。



ラベル:書評 コミック
posted by 黒猫 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(1) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

漫画 超超 大魔法峠
Excerpt: リリカル〜トカレフ〜キルゼムオ〜ル〜♪ ということで。 実質三巻目の「田中ぷにえ」ちゃんです。 またもや電車の中で読めませんでした。 こう面白すぎるのも罪ですな。 今回も、とにか..
Weblog: アーリオオーリオ ドゥーエ
Tracked: 2006-10-15 02:11

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。