2006年09月07日

涼宮ハルヒの溜息/谷川流




ハルヒの初期の巻は長いこと店頭で品切れ状態となっていて、amazonでも品切れをいいことに中古本を定価の倍の価格で出品している不良業者が跋扈していましたが、先月重版が出たおかげでようやく通常の状態に戻りました&入手できました。

二巻は全編を通してSOS団プレゼンツの映画、アニメ版第0話で放送された「朝比奈ミクルの冒険」のメイキングシーンが語られます。
いつもどおり作者自身判ってやってるのか判らずにやってるのか怪しい比喩のオンパレードで、この大袈裟な比喩表現がこのシリーズの魅力でもあります。
一応キョンの独白という形式なのであの比喩の数々は全てキョンの語彙となる訳ですが、そこまで語彙が豊富なのに古泉のメタな話は理解できないってのもナンですね。

内容ですが、上記のとおり映画制作に終始。
それじゃただのよくある青春モノじゃないかと言うとさにあらず。
やっぱりハルヒですから、細かい部分で色々捻じ曲げてくれるのです。
ミクルビームとか。鳩とか。桜とか。
ただ、派手な超能力バトルとか異次元潜入とかといった「ライトノベル的」要素は殆どありませんので、ライトノベルを読みたいと言う人には冗長に感じられるでしょう。


話変って、このシリーズ何冊か読んでみた訳ですが、最近流行のツンデレや無口等の萌え要素を散りばめつつも、安易なラブコメには落とし込まないぞと言う姿勢を感じます。
恋愛要素はともすれば単なる作者の願望の吐露に陥る危険性が高く、実際ライトノベルやコミックの世界にはそうした願望だけの作品は沢山あります。それが悪いとは言いませんが、もしそれだけの作品ならここまで広く認知される事は無かったでしょう。
ではハルヒに恋愛要素が無いのかと言うと、もちろん結構ありますが、あくまで伏線の伏線というか、地下水脈の様な位置付けに押し留めているから読者の妄想が入り込む余地があり、かつ物語を脱線させずに進行させる事が出来ているんじゃないかなあと詮の無い事を考えつつまとまりのないまま〆る事にします(汗)

45冊目。


posted by 黒猫 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(2) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

涼宮ハルヒの溜息
Excerpt: 涼宮ハルヒの溜息 発売:2003.10発行:角川書店谷川 流〔著〕posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.25文化祭に向けてハルヒ達SOS団ご一行が映画を作るという話。 色々SF..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2006-09-07 22:09

(書評)涼宮ハルヒの溜息
Excerpt: 著者:谷川流 高校入学から半年、望んだものを具現化することのできる存在・涼宮ハル
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-09-09 12:29

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。