2006年08月17日

ゼロの使い魔 1巻/ヤマグチノボル




アニメがなかなか面白いので原作も読んでみようといつもの様に手を出してみました。
一巻で語られるのは盗賊フーケに奪われた「破壊の杖」を奪還するまで、アニメで言うと1〜6話に相当します。

魔法がこちらの世界で言う科学と同じ意味合いを持つ(故に「この世界のもの」には科学的なるものは一切存在しません)異世界ハルゲキニアに召還されてしまい、本人の意思とは無関係にわがままで気位が高いルイズという少女の使い魔にされてしまった平賀才人の忍従の日々…という説明で間違ってないですね。
ハルゲキニアは中世のヨーロッパに近い雰囲気でまだ共和制の国家は無く、王制や帝政が中心で王家に使える貴族達がそれぞれの領地を管轄しているという設定。
ここまではこちらの世界の中世ヨーロッパや江戸時代の日本とさして変りません。しかし最大の相違は、この世界に於ける貴族と平民の差は魔法が使えるか否かという点にあります。
貴族はメイジとも呼ばれる魔法使いであり、魔法を使えるというアドバンテージゆえに平民にとっては畏怖の対象ともなっているのです。
ただこの魔法、何ゆえに貴族にしか使いこなす能力が無いのかは不明です。

アニメを見て大体のストーリーは分っているので、物語としての新しい驚きというのはありませんが、この世界に才人が呼ばれたのは単なる偶然では無い様な複線が幾つか散りばめられています。例えばフーケが盗み出した「破壊の杖」はこちらの世界の武器でした。またその武器をもたらした人物もこちらの世界の人間だったようです。
物語の軸に階級社会という要素があることを考慮すると、これらこちらの世界の道具はハルゲキニアの魔法使い達にとっては危険な代物の様な気がします。
銃器などの製造法が平民に知られると、これまでの貴族と平民の間にあった絶対的な壁が崩れることは無いまでも、かなり低くなる事は確実です。才人の様なこちらの世界の人間が持つ知識だって決して油断できるものでは無いでしょう。もし作者がそこまで考えていればの話ではありますけど。
キャラクターで言うと、アニメではメインヒロインの一角を占めるシエスタが一巻では単なるチョイ役でしかなかったりしますが、ルイズのツンデレぶりと才人の馬鹿っぷりだけは全く同じです(笑)

小説としては全体的に平板なきらいがありますが、スカスカにならない程度に無駄を削ぎ落として、「読ませる」事に特化した小説と思います。中弛みなく一気にラストまで読めるのはやはり作者のヤマグチノボル氏がゲームのシナリオライターであり、ユーザーにストレスを感じさせる事無く読ませる文章を書く事が必須の業界に身を置いているからかも知れません。
この作品の、ほどほどの密度ながらするする読める快感は是非一度体感して欲しいものです。


37冊目。


posted by 黒猫 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(3) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

頑張れ男の子!【ゼロの使い魔 1】
Excerpt: アニメが面白かったので、全巻購入。 というか、最早毎回言ってる気がするなぁ、これ。 '''いやはや、アニメ効果とは全くもって恐ろしいものです。'''..
Weblog: ラノベなPSP
Tracked: 2006-08-17 23:16

アニメ見ないと許さないんだから!!
Excerpt: ヤマグチノボル「ゼロの使い魔 1巻」読了。ツンデレ怖えぇ。極まるとマジ怖えぇ。
Weblog: こどBのじかん
Tracked: 2006-08-23 22:08

ゼロの使い魔(1)
Excerpt: ゼロの使い魔posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.12ヤマグチ ノボル著メディアファクトリー (2004.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-01-12 02:21

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。