2006年07月03日

涼宮ハルヒの憂鬱第13話 

大詰めに来て物語の全体像が見えてきましたね。
色々理屈で考えようとすると謎な部分も多く、特にハルヒ世界に於けるキョンの占める位置付けなんかは物語最大の謎かもしれない。
原作も途中までしか読んでないのでこの辺りどういう形で落ち着くか見物です。

さて今回は古泉が大活躍でした。特定状況下でなら長門以上に派手な能力かも。
最初出たときはのほほんとして胡散臭くて何だコイツという感じのキャラでしたが、いやあ本物だったとは。
小学生時代のハルヒが現在と殆ど変っていないけど、あれはあれで萌えだったかも。しかしあの「憂鬱」の原因に関しては余人には計り知れないものがありますね。

放送の早い地域ではもう最終回放送されたみたいですが、まあ田舎なのでちょい遅いですからややタイミングずれているのはカンベンです。
原作にわりと忠実で、アニメと原作は多少時間軸を弄っていただけの差異しかなかったので多分最終回も原作のアレなんだと思いますが。

さて13話では舞台となる町の風景が延々と出て来ましたが、検証されているサイトもある様です。

涼宮ハルヒの憂鬱舞台の検証 その14

なるほど、やはり原作者在住のあの街だったんですね。最近ネットの普及等情報のやり取りにかかる時間やコストが縮小された為か地方在住のまま執筆活動されておられる方も増えていますし、その御蔭で地方都市を舞台とした作品が多くなった気がします。
僕の住む街もアニメの舞台にはまだなった事ありませんが、つい最近映画と連続ドラマの舞台になりましたし、全国的にもまあまあ有名な街なのでそのうちアニメにもと期待したくなります。
地元にヒット作の原作者がいればの話ですが(笑)。
なんでも噂では地元書店の社員にライトノベル作家がいるとか聞いた事はありますが・・・。


posted by 黒猫 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 「涼宮ハルヒの憂鬱??」
Excerpt: 「涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部 番外編CD Vol.1/ラジオCD (平野綾、茅原実里、後藤邑子) ハルヒと共に肩を並べて下校するキョン。二人の向かった先はとあるマンション。そう、二..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-07-04 13:31

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「涼宮ハルヒの憂鬱??」
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 (2)posted with amazlet on 06.07.02ツガノ ガク 谷川 流 いとう のいぢ 角川書店 (2006/06/23)Amazon.co.jp で詳細を見る ..
Weblog: 今日もコレクト!
Tracked: 2006-07-07 23:33

涼宮ハルヒの憂鬱感想始めました#13
Excerpt: ■涼宮ハルヒの憂鬱#13「涼宮ハルヒの憂鬱X」 長門はコンビニ弁当1個で足りるんだろうかと思ったお話。 説明がいっぱいだ、切れないのは判るけど(正直車内シ−ンは飽きた) スタッフリストだとハルヒ一人や..
Weblog: とりあえず始めました。
Tracked: 2006-07-10 00:01

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。