2006年06月24日

練金3級 まじかる?ぽか〜ん 11話

自分ですらアニメのカテゴリ作っていた事忘れていたw
何せ田舎モノですから、アニメの放送本数少ないんですよ。地上波だとブラックラグーンとハルヒ位しかやってないし、ケーブルテレビ含めても都市部には遠く及ばない訳です。(夕方時間のアニメは仕事中で見れないので除外。)YOU TUBEは画質が荒いので無理してまで見たいとは思いませんし。

とはいえせっかく作ったカテなので一発昨日見たアニメのレビューでも書きましょう。




ぽか〜ん21 『無口な呪文は楽しい英会話』

日本語禁止ルールの謎の英会話を延々つづける話。と言っても中学1〜2年生程度の英会話なので特に何いってるかわかんないって事はないと思う。
もしうっかり日本語喋ってしまうと罰ゲームとして謎の缶ジュースを飲まされるんだけど、プルトップを空けると紫色の煙が・・・。
今回何か絵柄がいつもと違うんですね。
いつものカワイイ絵柄よりはシュールなギャグ漫画寄りの絵柄で、萌え要素は低い(と言うかこのアニメって微妙に萌え地点外してるよね)けど、これはこれで(・∀・)イイネ!!どことなくデッサン固いところも味ですよ味。
それで何で3人がこんなゲームしているかと言うと、鉄子タンのクリティカルなミステイク故です。
いつもののんびりした鉄子タンとは違い、今話では頭から煙が出たり白目になったりと表情豊かで、なんとなく地味な印象しかなかった鉄子タンが好きになりました(笑)。



ぽか〜ん22 『ピンチの呪文はさよならの向こう側』

なんとなく最終回が近い雰囲気のタイトルですが、実際次回で終りです。
3人が実はモンスターだと言う事がテレビで放送されてしまう話。何を今更という感じもするけど、いつものゆるるんゆるるんとしたノリをラスト前では少しでも盛り上げたかったのかな。
テレビに出てしまった事で正体がバレるものの、特に悪い事もしてなかったのでアイドルにされてしまう3人。
しかしスタジオで魔法を使ったゆうまのせいで・・・。
アイドルから一気にバッシング対象となってしまった3人、だがある日突然何事も無かったようにバッシングはピタリと停まってしまう。
それは石神井池に現れた謎のアザラシに話題を取られてしまったから。
うーん、あの3人は珍獣と同じ扱いですか(笑)






最初はただの萌えアニメと思ってスルーしていたぽか〜んだけど、試しに一度見たら独特のブラックなギャグが病みつきになり、以後欠かさずチェックしていたんですが、次回で終りなんですね。ケーブル局の後番組は「ゼロの使い魔」というライトノベル原作のアニメらしいです。原作読んだ事無いけどアニメが面白かったら読んでみたいと思います。


posted by 黒猫 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

錬金3級まじかる?ぽか〜ん感想始めました#11
Excerpt: ■錬金3級まじかる?ぽか〜ん#11「無口な呪文は楽しい英会話/ピンチの呪文はさよならの向こう側」 ケイミィは透明人間だから作画が楽なお話と、エロ担当はゆうまだったお話の2本立て。 何故か日本語禁止ゲ−..
Weblog: とりあえず始めました。
Tracked: 2006-06-27 22:48

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。