2006年06月18日

ジオブリーダーズ 12巻

ジオブリーダーズ(12)

長く停まっていた物語が怒涛の様に核心に向かって流れ始めた12巻。
これまで小出しに振られていた複線がどんどん意味を持ち始めた。
伊藤氏はアクション描写にも定評があるが、こうした複線の活かし方も非常に手馴れていて非凡なものを感じる。
ただ絵柄が変ったせいなのか、それともギャグが減ったせいなのか、どことなくワイルダネスのノリに近くなってきた気がしなくもない。
今までの「何でこの人たち死なないの?」というジオブリクオリティが下がってどこか殺伐とした雰囲気が漂い始めたというか・・・。

12巻の主役は神楽メンバーではなくハウンド。DAX-1を巡る攻防、M4号との戦い、そして「あの女」への接触、物語を牽引しているのは全てハウンドと隊長の矢島。
確かにこれじゃギャグ差し挟む事はできんよなあ。

いよいよ動き始める「あの女」。
入江は彼女に付き従っているけど、彼のキャラクター性からして腹に一物ある気がしなくもない。今後彼の動向も気になる。
これまで囁かれてきた噂では田波が神楽を抜けるとラスト直前の追い込みに入るという事らしいが、まだ田波にその気配は無い。
むしろその前に神楽の組織そのものに危機が迫っている。
さて、これから物語はどう転がるか目が離せなくなってきた。



posted by 黒猫 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。