2011年03月07日

太陽の村 感想 朱川湊人




太陽の村
朱川 湊人
4093797536



ハワイへの家族旅行の岐路で遭遇した飛行機事故。
一人生き残ったオタク青年が漂着したのは、不思議な島だった。

という訳で、日本の室町時代頃に似てはいるものの、何かが根本的に違っている謎の島に流れ着いたオタク青年の冒険と成長を描く本作品。最初はタイムスリップか異次元かとわくわくさせてくれたが、終盤の種明かしについてはいささか拍子抜け的なものがあった。
とは言えラノベ的な文体とコミカルなキャラクターが特徴的な作品なので、こういう大掛かりなギミックもありとえばありか。

若干ながらステロタイプなオタク批判のエッセンスは感じたが、作品自体はオタク向けじゃないのでそういうものだと思って読むしか無い。
ただ、一番ラストで主人公に突きつけられた選択肢はなかなか考えさせるものがあった。
俺みたいに自分の限界を知ってしまった人間なら島に残る方を選ぶだろうが、まだ俺は本気になってないだけと思える世代なら帰る方を選ぶかも知れない。
いずれにせよ明確な回答を敢えて作中では描かないところが良かった。



posted by 黒猫 at 19:18| Comment(1) | TrackBack(0) | その他の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやく本気になってきたのは朱川さん。

朱川さんの作品はメッセージ性が強いと思うので、
ノスタルジックホラーと評されますが、怖くても
読めるんですよね、
新作の『箱庭旅団』を読んだのですが、今までの朱川さんから、新たな方向に向かっているみたいな印象でした。
いままでの作品もさることながら、この流れも楽しみ。

こちらにたどり着く前、↓のサイトを見つけて
読んでみたら、朱川さんの分析をしてました。
http://www.birthday-energy.co.jp/
なんでもこれからの10年間は、変化する事でよい方向に
進んでゆくとのこと。
惜しむらくは、もっと早くデビューしていてほしかった・・・だそうですよ。

>まだ俺は本気になってないだけと思える世代なら帰る方を選ぶかも

朱川さんもようやく本気になった・・・?
Posted by 晶子 at 2012年07月05日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189418839
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。