2006年05月27日

ハッピータイガー



誰もが知っているドイツ軍の重戦車タイガー(ティーガー)と、もと日本軍兵士の数奇な運命を描いた同名小説のコミカライズ。
漫画を担当したのは戦争劇画の一任者小林源文氏。

物語の展開に関しては・・・正直ご都合主義的な部分が多い気がする。
例えばドイツ軍の捕虜となった主人公川嶋を処刑から救ったのは、ソ連軍に徴用されていた当時見逃してやったもう一人の主人公ドイツ兵ゾーレッツなんだけど、広大な戦線で縁浅からぬ人間がジャストタイミングで再会すると言うのも仮想戦記ならではの奇跡としか言いようが無い。
助けられた川嶋が今度はドイツ軍に志願するのだけど、身元の良くわからぬ東洋人を迎え入れるほどドイツ軍は人種という概念に寛大だっただろうか。
更に偶然彼らが評価試験用として日本軍に購入された戦車(ティーガー)の乗員として抜擢されるのも強引と言わざるおえない。
こんな感じでストーリー的には微妙ではあるのだけれど、そこは一等自営業閣下、陸戦の描写は手馴れたものだ。
川嶋が日本刀でロシア兵を斬リ伏せるカットも妙にカッコイイ。
私はドイツ軍にはさほど思い入れが無いけど、ドイツ軍好きにはたまらないシーンもたくさんあるのでその方面の人も安心して読んでいいと思う。

残念なのは日本軍に引き渡されてからのティーガーが活躍するシーンが少ない事だろうか。
そうそう、自営業閣下の漫画では既におなじみとなった佐藤&中村コンビもばっちり登場するので、彼らのフアン(いるのか?)は要チェック・・・かも。







posted by 黒猫 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。