2010年06月10日

神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる 感想

神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる (GA文庫)
BUNBUN
4797339004


大迫先生に黙祷。

ポリフォニカと言うと黒と赤とがメインで、その他はお飾りな雰囲気がなきにしろ非ずなんだけど、個人的には好きなんですよ青が。
そんな青の実質デビューとなったのが本書。行動力はそれなりにあるニートの主人公にヘタレヒロイン、色々とひねくれた反社会的なヒロインの上司…面白いじゃないか。
なぜ青竹以上に扱いが悪いのか未だに理解できない。


本としては短編集の形式で、青赤黒白一冊にまとめた都合上作品間のリンクなんかもちゃんと仕込まれていて、こういうのはシェアードワールドの魅力だと思う。
作家としてはベテランの方々が手がけているだけに短編でも食い足りない感は無くて、サクサク読める本でありながら満足感も感じられた。



posted by 黒猫 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。