2010年06月06日

誰かのリビングデッド〈3〉魔性 感想 海原育人

誰かのリビングデッド〈3〉魔性 (C・NOVELSファンタジア)
芳住 和之
4125010668



完結。前作ドラゴンキラーの時とは違い、特定のキャラクターにまつわる伏線以外はあまり引っ張らない構成だったので、巻ごとにざっくりとした展開だったけど、その分読み易かったと思う。
デルのマスターの登場の仕方などはかなりあっさりとしたものでしたけど、ロリババアで割と人としての器小さめで、この作者らしいキャラ造形だなと感じたかな。
魅力的な小物を描けるのって才能だと思います。

かつて世界を巻き込んだ戦乱を引き起こした当事者連中が主人公のすぐ近くで暗躍している割には、風呂敷をあまり広げないまま終わった物語でしたけど、あくまでプラスとナムの旅の物語だと思えばこれはこれでありなんだろうと思う。
海原先生は大きな視点で壮大な物語を紡ぐタイプではなく、主人公とその周囲5メートル範囲内での登場人物たちによる掛け合いを通して生き様を描く作風が得意なのかも知れない。
ハードボイルド小説のフォーマットに忠実というか。





posted by 黒猫 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。