2010年05月18日

不連続の世界 感想 恩田陸

不連続の世界
4344015398



ちょっとホラー風味な短編集。

主人公の多聞は「月の裏側」に登場していたあの人かな?
月の裏側がかなり正面勝負のホラーだったのに対して、こちらは都市伝説的なちょっと不思議な話という程度。しかし語られる不思議話は9割までは論理的に解釈できるものの、必ず1割程度不可解な部分が残されていて、それが読後にじわじわとくる。
恩田氏と言うととにかく巧者という印象があるけど、この本を読んでよりその印象は補強された。
プロットの組み方とかじゃなく、感情の隙間に浸透してくるツボを心得ている問う感じなんですよねえ。
どうにも掌の上で踊らされているような気がしなくもないけど、それすら踊らされるのではなく自ら踊ってやるという気持ちになってくるから怖い。

個人的にはラストの話が結構きた。
作品の性質上多くを語るとネタバレになりそうなので、感想をまとめるには少し難しい。



posted by 黒猫 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150275989
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。