2010年04月24日

蒼穹の軌道爆撃隊 谷甲州

蒼穹の軌道爆撃隊 (C・NOVELS)
412500241X



谷甲州作品としてはわりと初期の作品になるのですかね、執筆された時期が時期だけに、そして舞台が近未来だけに、多少なり時代を感じてしまうものがあった。

作品は一応SFの皮を被ってますけど、実体は第二次世界大戦当時ナチスドイツが研究開発していたゲテモノ兵器2種を近未来に蘇らせて、コンパクトな冒険活劇を拵えてみましたという感じ。
基本的に一冊読み切りに近いスタイルなので、チベット問題や宗教テロ等の要素を盛り込みつつもあっさり味。
ただ、谷甲州センセイの作品はドラマチックなストーリーよりも細かい設定で読ませる方向性なので、二大ゲテモノ兵器をモデルにしたイントレピッドや長距離砲のディティール、宇宙空間の描写などは読み応えがあります。
また、執筆時期が決して新しくはないに関わらず、物語の主題部分にチベット独立運動問題を取り合っていたりするのは美点です。

でも、やはり物語性が淡白なので、谷作品に関心がない人にはあんまり楽しめないかもと思った。




posted by 黒猫 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。