2010年01月09日

老検死官シリ先生がゆく 感想

老検死官シリ先生がゆく (ヴィレッジブックス)
雨沢 泰
4863320655



1970年代半ばの共産主義体制化のラオスを舞台にした異色のミステリー。
こういう特殊な国を舞台をした作品の場合、大抵はアメリカ人や日本人がそうした国々で何らかの事件に巻き込まれて…というパターンが一般的なんですけど、この作品の場合主人公からしてラオス人だし被害者もベトナム人と、極めてローカル色が強いのが特徴的。
そういう意味である種の珍品。物珍しさありきで手に取った訳ですが、これが意外と(失礼)ちゃんとミステリーしていて驚いた。作者はタイ在住のイギリス人と言う事で、東南アジアのエスニックな情緒に常に触れているだけあって、雰囲気はよく出ていたと思います…もっとも、当のラオス人から見てどう感じるかはわかんないですけど。


ラオスというマイナーな国の、しかも共産主義体制下という極めて特異なシチュエーションは結構読者を選びそうですけど、「途上国」故の設備の無さと「共産主義」故の閉鎖性を上手くミステリーのガジェットとして織り込んでいて、ちよっとした陰謀劇として展開させているのが面白い。
なにより先進国には無い独特の長閑さと、なにやら剣呑な共産主義の組み合わせが不思議な味わいを醸していて、これはなかなか拾い物ではないかと思うわけです。
主人公シリ先生の霊能力は些かチート気味ではあるけど、東南アジアのスピリチュアルなムードを考えればこれはこれでアリかもしれないが…どうだろう。

続編も海外では出版されているらしいので、翻訳されれば読んでみたいですね。


posted by 黒猫 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。