2009年12月27日

南極上空応答せよ マリオン・E・モリス 感想

色々と面白そうなネタをたくさん用意しながら、結果として何一つ活かせなかった作品。
南極に基地を構えたナチスの残党、イスラム過激派との関係、ナチスと言う共通の敵を前にしての米ソ(作中時間は1980年代)の打算…こうした諸々が、作者のかなり誇張されたナチス批判とユダヤ擁護、今となっては時代の徒花としか言えないウーマンリブ思想などの開陳にページを食い潰されてしまって、気がつけばほぼ全ての伏線が未処理のまま投げっぱなしEND。
これはつらい。

欧米ではことナチスとなると無茶な感情論が平気でまかり通るらしく、「ナチスはユダヤ人を根絶やしにする目的で誕生した」とか平気で書いているところに戦慄した。
その超理論で言うと「イスラエルはパレスチナ人を根絶やしにする目的で誕生した」とも言える。しかし作中ではその辺は一切スルー。ナチとジューに関しては自由の国アメリカですら検閲や圧力が存在したりするのだろうか。

ユダヤ人かわいそう!女権拡大!などと博愛精神を喧伝しつつ、太平洋戦争当時の日本をジャップとおっしゃる超ダブルスタンダードぶりにもおののく。まあアレだ、ジャップとやらは人間じゃないらしいから「人種」差別に該当しないとか、そういう類のギャグなんだろう。


珍書・奇書としても内容が中途半端すぎていまいち笑えないし、なんだかなー、と言う一冊でした。


nkjo.jpg
南極上空応答せよ (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)




posted by 黒猫 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。