2009年11月25日

ダナーク魔法村はしあわせ日和―ドラゴンが出たぞ! 感想 響野夏菜


1巻当時はもっとほのぼのとした、地域密着型のストーリーになるのかと思っていたのですが、巻が進むにしたがって男性向けレーベルのライトノベルとほとんど変わらないノリになって来た感のあるダナーク魔法村です。

個人的には男性向けレーベルには無いハートフル路線を期待していただけに、ダナーク村を飛び出して国境地帯に出現した謎のドラゴンを巡る大活劇…という筋書きにはいささか戸惑いを感じてしまった。
もちろんストーリー展開そのものや伏線の見せ方といった部分はすごく堅実に出来ていて安定感があるし、期待していたものでは無い方向に走ったとはいえそれでも一気に読ませる力量は素直にすごいと思いますけどね。

さて、この3巻ではいよいよイズーの因縁キャラクターであるデイルが登場。
ビーの親戚で実は王子様のライとかも何気にライバルっぽく見せかけて出てきますけど、イズーとライの対面がドラマ的過ぎて少し霞んでしまった感もなきにしろあらず。
細かいところではイズーが少しずつ感情が見え隠れする様になってきていたところだけに、こうした過去との対面は再び彼の態度を硬化させたりしないかと気になります…が、ラストでのダメっぽいオチからして大丈夫みたいですね。

ディルとの因縁はまだ続くようですが、うまく魔法そのものに関する伏線の処理と絡めているので、あまり引っ張っている感じはありません。こういうところも巧みですよね。


ダナーク魔法村はしあわせ日和―ドラゴンが出たぞ! (コバルト文庫)
裕龍 ながれ
4086010143





posted by 黒猫 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。