2009年11月09日

亜欧州大戦記 2 東部正面電撃戦 青木基行



1巻終盤の流れを引き継いで、沿海州を巡る戦いが描かれるユラ戦第2巻。
1巻の異常なテンションはだいぶん落ち着いた感もありますが、特定の主人公を設けず個々の兵士視点で戦場を描く手法が七里積極的に使われていて、臨場感は相変わらず健在。「戦場」を描きながらも全体を俯瞰して「戦争」を描く事もそれなりに行われていて、沿海州地域の地図を眺めながら読むとより趣き深いものがあります。

しかし日本ソ連共に戦術がお粗末で、共に人命をあまり考慮していない戦い方をしている姿はなんとも諧謔味に溢れていて居心地が悪くなってしまう。戦車に火炎瓶で立ち向かうのも、ウラウラと吶喊するのも、当事者には(主に精神論的な見地で)それなりに言い分もあるだろうけど、第三者視点で見るとやってる事はたいして変わらない。
それこそ神風とターランに精神論以外の面でどれほどの差があるんだろうかという話みたいなものです。もちろんまだ作中では両軍共に体当たり戦法の愚は犯しちゃいませんが。

奇襲効果と天佑に支えられて何とか沿海州を制圧した日本軍ですが、あくまで満州の後背を衝かれる危険性を排除できたに過ぎません。戦場にはT-34もちらほらと現れ始めましたし、何より巻末で極東方面戦略総軍司令官にジューコフが就任した事でそろそろ辛くなってくるだろうなあ。


なお、上で兵士の視点云々と書きましたが2巻ではソ連兵視点が大半で、実はソ連軍が主役?と思ってしまうレヴェルだったのにふいたw
特に初期型T-34を受領して九七式改や百式砲戦車(史実の一式砲戦車)と対峙するスミルノフと部下2名のエピソードは秀逸。
この巻のメインといっても差支えが無い。百式に撃破されたもののなんとか脱出して生き残ったので、また先の巻で登場するかもしれない。楽しみにしておこう。


亜欧州大戦記〈VOL.2〉東部正面電撃戦 (歴史群像新書)
4054008240



posted by 黒猫 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦記・ミリタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132467259
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。