2009年07月30日

ドラゴンキラーいっぱいあります 感想 海原育人

ドラゴンキラーいっぱいあります (C・NOVELSファンタジア)
4125009961



ロアナプラも裸足で逃げ出す無法の街を舞台に繰広げられるガンアクションファンタジー第2弾。
今回はココの軍隊時代の上官が登場してココの過去に迫るエピソードが描かれる……かと思いきや、落ちぶれた上官とココとの意地と命を懸けた壮大な喧嘩だっのはどう判断してよいものやら。

同じく軍を抜けた存在同士ながら、ドラゴンキラーをパートナーとして小さいながらも自分の事務所を持つココと、飲んだくれの浮浪者でしかない中尉。
そんな現状に鬱屈とした思いを募らせる中尉はある時もう一人のドラゴンキラー、アイロンと出会い――。
まあ、なんと言うか何故もっと賢く生きられないんだろうかとつくづく思うのですが、それが出来ないから今ここにいるんでしょうね。

それにしてもココの非道ぶりはかなり突き抜けたものがあって、憂さ晴らしの為だけにチンピラを射殺するわ、一度ココと因縁が出来てしまった相手は後で報復の可能性があるからというだけの理由で皆殺しだわ、すげえ主人公だ。
しかしこれのどこがハードボイルド?
表紙にはハードボイルドファンタジーとか書いてるし、レビューサイトさんの中にもハードボイルドだと評しておられるところがありますけど、ハードボイルドとピカレスクを混同してない?
ハードボイルドって基本やせ我慢の世界だから、憂さ晴らしに暴れたりなんかしないし、後で報復があると承知した上で相手を見逃したりしてこそナンボでしょう。
バイオレンスとかピカレスクと言うなら判るけど、ハードボイルドとはちょっと違うんだなあ。


中尉とアイロンの屈折した内面は良く描けていたと思うけど、最後のシーンであっさりアイロンが心変わりしたのはどうも唐突な感じがした。まあ、頁数の都合なんだろうけど。


*過去記事*
ドラゴンキラーあります 感想
ドラゴンキラー売ります





posted by 黒猫 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。