2008年11月25日

悪魔のミカタ 5巻 グレイテストオリオン 感想 うえお久光

悪魔のミカタ〈5〉グレイテストオリオン (電撃文庫)



久しぶりの悪魔のミカタです…ってこれ4巻の感想でも書いたなあ。
しかも1年以上前…(汗)
何せ積み本多すぎて完全に訳わからなくなってます。
読むペースより増えるペースの方が圧倒的に早いので…どう考えても計画的に進められる訳が無い。


ま、それでもある意味それでも読んだ本の内容を朧げながら記憶している俺ってスゴイ!!
はい、軽く自画自賛して気合入れてみました。これであと10年は戦えるかも知れない。


5巻は今までの知恵比べ的な展開から一転、ボクシングを題材にしてかなり派手なアクションを含んだ物語として仕上がっています。
特筆すべきはコウと高虎との綾をかけたボクシングの試合シーンで、約80ページにも渡って息詰まる攻防が描かれています。
スポーツとは言え物語の中での位置づけはバトルに近いものでありながら、殴りあうシーンとラウンド間の駆け引きとを有機的に組み合わせて展開させる事で単調さを排し、退屈どころか非常に読み応えのあるものに仕上がっていました。
このシーンだけでも一本の短編小説として成立すると言ってもたぶん差し支えないでしょう。

また、これまでの話は知恵の実と契約した契約者との駆け引きがメインだったのが、知恵の実そのものと対峙する構図になったのも物語の転換点を感じさせて興味深い。
終盤グレイテストオリオンの力で日奈に生まれ変わる=日奈を生き返らせる決意をした綾とか、盛り上がり方もまるで最終巻かと思わせる位のものがあります。


反面、今回はキャラクター的に言うと綾がメインだけに、1巻当時のあんな事やこんな事などなど結構どぎつい描写が散見されるのは判断が分かれるところかも知れません。
個人的にはお気楽な話の方が好きと言えば好きなので、今回はちよっと読んでて疲れました。
それでも作者の技巧の冴えでぐいぐい読まされた訳ですから、やはりうえお氏は非凡な才能の持ち主なのは間違いない。


次の巻は…1年以内には読みたいなあw

悪魔のミカタ・魔法のカメラ感想
悪魔のミカタ・インヴィジブルエア感想
悪魔のミカタ・パーフェクトワールド平日編感想
悪魔のミカタ・パーフェクトワールド・休日編感想
悪魔のミカタ・ストレイキャットミーツガール感想
悪魔のミカタ・ストレイキャットリターン感想
悪魔のミカタ・It ドッグデイズの過ごしかた感想
悪魔のミカタ・It ドッグデイズの終わりかた感想





ラベル:うえお久光
posted by 黒猫 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。